@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クランク軸【クランクじく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クランク軸
クランクじく
crankshaft
クランクシャフトまたは単にクランクともいわれる。往復運動を回転運動に,また回転運動を往復運動に変える装置。クランク,クランク腕 (クランクアーム) ,クランクピンから成り,たとえば内燃機関の場合では,シリンダの中で生じた高温高圧ガスでピストンを動かし,このピストンの往復運動をクランクアームを介してクランクピンをクランク中心の軸まわりに回転させ,クランク軸へ回転運動を伝達する。おもに内燃機関に用いられ,小型のものは鍛造もしくは鋳造による一体もの,大型ではミーハナイト鋳鉄を用いた組立て式とすることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クランクじく【クランク軸】
クランクシャフトcrankshaft,単にクランクともいう。ピストンの往復運動を連接棒を介して主軸の回転運動に(または回転運動を往復運動に)変えるのに用いられる軸。クランク軸,連接棒,ピストンからなる往復運動――回転運動変換機構をピストン・クランク機構といい,クランク軸の連接棒と連結する部分をクランクピン,クランクピンと主軸を結ぶ部分をクランクアームという。連接棒やピストンをもたない自転車などでも,同様の働きをするものをクランクと呼んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クランク軸
くらんくじく
蒸気機関や内燃機関などでピストンの往復運動を回転運動に変える機能をもつ軸。クランク軸のことを単にクランクともいう。クランクはクランク軸、クランクアーム、クランクピンからなり、ピストンの往復運動は連接棒でクランクに伝えられる。クランクピンはクランクアームの長さを半径とする円運動を行い、クランク軸を回転させる。小型のクランク軸は鋼を鍛造して一体としてつくるのが普通であるが、船舶用の大型エンジンのクランク軸は数個の部品を組み合わせてつくる。シリンダーが多数あるエンジンでは、クランクアームは互いにある角度だけずらしてつくられる。この角度をクランク角という。多数のシリンダーの作用で生ずる慣性やトルクの不つり合いを打ち消したり少なくしたりするためである。[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クランク‐じく〔‐ヂク〕【クランク軸】
クランク1として用いられる回転軸クランクシャフト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クランク‐じく ‥ヂク【クランク軸】
〘名〙 =クランク

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クランク軸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クランク軸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation