@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クランフィールド検索実験【くらんふぃーるどけんさくじっけん】

図書館情報学用語辞典

クランフィールド検索実験
情報検索研究の初期に,英国のクランフィールドでクレバードン(Cyril W. Cleverdon 1913-1997)を中心に1957年から1968年に何度か繰り返して行われた有名な検索実験プロジェクト.主として索引システムにおける統制語彙の有用性に関する実証が試みられた.再現率精度による検索結果の評価もこの実験プロジェクトに遡る.現在のTRECNTCIRといった検索実験の雛形であり,検索に関連するさまざまな要因を研究室内で制御することによって科学的な研究結果を得ようとするタイプの検索実験のとして位置付けられている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クランフィールド検索実験」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クランフィールド検索実験の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation