@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クリスティアンサン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クリスティアンサン
Kristiansand
ノルウェー南端部,ベストアグデル県の県都。オートラ川がスカゲラク海峡に注ぐ河口にある商港。都市名は 1641年デンマーク=ノルウェー王クリスティアン4世によって建設されたことに由来する。北ヨーロッパ,北アメリカの沿岸都市間の海上交通に果す同港の役割は大きく,1938年に開設されたオスロスタバンゲルを結ぶ鉄道の中枢的位置を占める。造船,繊維,金属 (ニッケル鉄鋼) ,木材加工,プレハブ住宅,食品工業など各種の工業も盛ん。ルネサンス様式の内部装飾をもつ聖三位一体聖堂 (1618~28) ,ルター大聖堂 (85~87,1882~85再建) などの歴史的建造物がよく保存されている。人口6万 6398 (1992推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クリスティアンサン【Kristiansand】
ノルウェー南部,西アグデル州の州都で,州の産業と文化の中心。人口6万9000(1995)。スカゲラク海峡沿岸オートラ河口に,1641年にデンマーク・ノルウェー王クリスティアン4世が建設,82年にはスタバンゲルから司教座が移される。19世紀前半商船隊の成長によって発展,1965年周辺の町村を合併して新たに拡大した。豊富な電力を利用して鉄,銅等の金属工業,造船業,織物工業等が盛ん。【菅原 邦城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クリスティアンサン
くりすてぃあんさん
Kristiansand

ノルウェー南部、スカゲラク海峡に面した都市。人口7万4019(2002)。バルト海と北海を結ぶルートに沿う位置にあって、不凍港であるため早くから港市として発達した。ニッケル、銅、アルミニウムの製錬工場があり、木工品、金属類、魚類の輸出港でもある。デンマークのクリスティアン4世の統治下にあった17世紀に建設されたクバドラーテン(方形の意)の町は、本市の古い核で、いまも街路が格子状に走り、当時の建築様式を残している。

[竹内清文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クリスティアンサン(Kristiansand)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリスティアンサン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クリスティアンサンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation