@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クリフォード(男家)【クリフォード[だんけ]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クリフォード(男家)
クリフォード[だんけ]
Clifford, Barons of
イギリスの貴族の家柄。13世紀の国王と諸侯の争いで台頭し,クリフォード男爵位を受けた。中世には代々北方守備に任じ,スコットランドとの戦いに従事。5代ロバート(1273~1314)はエドワード2世の臣下としてロバート1世ブルースと戦い,1314年6月のバノックバーンの戦いで戦死。9代ロージャー(1333~89)は百年戦争中にアイルランドやフランスで転戦したのち,カーライル城長官。10代トマス(1419頃没)も同じくカーライル城長官としてリチャード2世に仕え,1388年宮廷を追われてドイツで戦死。12代トマス(1414~55)は 1435年からスコットランド軍と戦ったのち,1452年と 1454年援軍としてカレー防衛のため渡仏。最後はランカスター派の一員としてヨーク派と戦って戦死。その子の 13代ジョン(1435?~61)もランカスター派で,1458年父の仇を討つため挙兵してロンドンに進撃し,一時ヨーク派と妥協したのち,1460年ウェークフィールドの戦いでランカスター軍の将としてヨーク派を撃破,ヨーク公の子ラトランド伯を斬首したが,翌 1461年敗死した。その子の 14代ヘンリー(1455?~1523)は,領地がヨーク朝に没収されたため牧童として育ち,ヘンリー7世時代に称号を回復。ヘンリー8世のもとでスコットランド軍と戦い,1513年のフロッドンの戦いにも従軍。その子の 15代ヘンリー(1493~1542)は,1525年初代カンバーランド伯に叙せられ,以後 5代にわたって同伯爵位を継いだ(→カンバーランド〈伯・公家〉)。17世紀後半にいたり,トマス・クリフォードがあらためてクリフォード男爵家を興し,のち爵位はボイル家,カベンディッシュ家に伝えられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリフォード(男家)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クリフォード(男家)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation