@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クリマティウス【くりまてぃうす】

世界大百科事典 第2版

くりまてぃうす【クリマティウス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クリマティウス
くりまてぃうす
[学]Climatiiformes
棘魚(きょくぎょ)綱クリマティウス目の魚類。シルル紀前期から石炭紀初期に現れた棘魚類のなかでも原始的な目の一つ。体長10センチメートル内外の小形の魚類で、体はガノイン鱗(りん)(棘魚類と初期の硬骨魚類にみられる硬くて厚い菱(ひし)形の鱗(うろこ))で覆われ、発達した棘(とげ)が尾びれを除くすべてのひれにある。腹側に一連の副対鰭(ふくついき)がある。棘魚類は後の魚類の祖先型に近いと考えられている。[籔本美孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリマティウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クリマティウスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation