@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クリュサフィウス

世界大百科事典 第2版

クリュサフィウス【Chrysaphius】
?‐450
テオドシウス2世治下の宦官。441年,時の実力者キュロスを失脚させ,皇姉プルケリアらの影響力排除にも成功した後,東ローマ政府で実権を振るう。フンに対しては貢納金支払いの策をとったが,449年アッティラ王暗殺をたくらむ。計画は露見したが,すでに西方へ関心を移していたアッティラは,翌年和議に同意した。宗教問題では単性論のエウテュケスを支持し,449年皇帝を動かしてエフェソスに公会議を開かせ,エウテュケスの説を正統と認めさせた(盗賊教会会議)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クリュサフィウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クリュサフィウスの関連情報

関連キーワード

鮭太郎・鱒次郎胆汁酸チトクロム駿河台大学オリジナルグッズアルコール関連疾患テオドシウス鑞付けバストス鑞付貧血

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation