@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クリュソストモス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クリュソストモス
Chrysostomos, Jōhannēs; Chrysostom, John
[生]347頃.アンチオキア
[没]407.9.14. ポントゥス,コマナ
コンスタンチノープルの大司教で,説教家,聖書注釈家,聖人,教会博士。 370年キリスト教の洗礼を受けて修道生活に入り聖書を研究。のちアンチオキアに戻り司教となり (386) ,説教活動に従事。彼の死後その雄弁をたたえてクリュソストモスすなわち「黄金の口の」ヨハネと称された。 398年ネクタリオスの後任としてコンスタンチノープル大司教に就任したが,その改革努力が女帝エウドクシアの怒りを買って流謫された (403) 。いったんは許されたが再び小アジアへ追放 (404) 。聖書注釈家としてはアンチオキア学派の代表的存在で,比喩的解釈よりも著者の言わんとする味を重視し,歴史的方法を用いるものであった。晩餐を重要視したことから聖餐博士の称号をもつ。『司祭論』『彫像について』などの著書がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クリュソストモス【Iōannēs Chrysostomos】
347ころ‐407
4世紀の代表的ギリシア教父,聖書解釈学者。シリアのアンティオキア生れ。青年期に洗礼を受け,修道士となるが,30代の終りに聖職に就く。神学はもとより,ギリシア哲学の素養も深かった。説教の巧みさからクリュソストモス(〈黄金の口〉の意)の呼び名で知られる(ただしこの呼称は後代のもの)。聖書解釈学者としては,アレクサンドリア学派の比喩的,思弁的解釈を退け,アンティオキア学派の伝統を踏まえて字句通りの解釈を主張した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クリュソストモス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クリュソストモスの関連情報

関連キーワード

コンスタンチヌス選択債権後蜀100歳以上人口パンデミック県人口の推計有期雇用者

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation