@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クルムス

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

クルムス Kulmus, Johann Adam
1689-1745 ドイツの医師,解剖学者。
1689年3月18日生まれ。ダンチヒ(現ポーランドのグダニスク)で開業,のち教師となり医学と博物学をおしえる。1722年簡約解剖書「解剖図譜」を出版。このオランダ語訳書「ターヘル-アナトミア」が杉田玄白らによって翻訳され,「解体新書」として安永3年(1774)刊行された。1745年5月29日死去。56歳。ブレスラウ(現ポーランドのウロツワフ)出身。バーゼル大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

クルムス【Johann Adam Kulmus】
1689‐1745
ドイツの医者。ブレスラウ(現,ブロツワフ)に生まれ,ダンチヒ(現,グダンスク)で没した。バーゼル大学で医学の学位をとり,ダンチヒで開業し,1725年同所のギムナジウムの博物学教授となった。著書《Anatomische Tabellen》(1722)の蘭訳本(通称《ターヘル・アナトミア》)が,74年(安永3)杉田玄白らによって《解体新書》として翻訳刊行された。彼は日本ではよく知られているが,欧米ではあまり知られていない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クルムス
くるむす
Johann Adam Kulmus
(1689―1745)
ドイツの解剖学者。ブレスラウ(現、ブロツワフ)に生まれ、1711年ハレ大学に入学して医学を修め、ライプツィヒ、ストラスブール、バーゼルの各大学へ転じ、1719年バーゼル大学を卒業した。1725年ダンツィヒ(現、グダニスク)のギムナジウムの解剖学・物理学の教師となった。1722年に同地で出版した『解剖学図表』Anatomische Tabellenは二十数枚の図表について解説した簡単なものであったが、オランダ、フランス、ラテンの各語に翻訳され、版を重ねた。1732年の第3版(アムステルダム刊)をオランダのディクテンGerardus Dicten(1696ころ―1770)がオランダ語訳して出版したものが、杉田玄白(げんぱく)・前野良沢(りょうたく)らの『解体新書』(1774)の底本となった。[大鳥蘭三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

クルムス
生年月日:1687年3月15日
ドイツの医学者
1745年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クルムス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クルムスの関連情報

関連キーワード

ティツィング片山北海聖パトリック大聖堂ファン・スイーテンボネオーストリア継承戦争スウィフト(Jonathan Swift)ハプスブルク家ビターリ(父子)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation