@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クルーセンシェルナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クルーセンシェルナ
Krusenstjerna, Agnes von
[生]1894.9.10. ベクシェー
[没]1940.10.3. ストックホルム
スウェーデンの女流作家スウェーデン文学史上比類ない大胆な性描写を行なって有名。貴族出身でありながら身分制度に反発,一貫して古い因襲にしいたげられた女性の性の悩みを主題とした。生涯精神病に苦しみ,最後は脳腫瘍で死亡。作品には,思春期の性の目ざめと悩みを扱った自伝風の3部作『トニイ』 Tony Böcker (1922~26) や,『パーレン家の娘たち』 Frökerna von Pahlen (7巻,30~35) ,『貧しい貴族』 Fattigadel (35) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クルーセンシェルナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クルーセンシェルナの関連情報

関連キーワード

日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門日清戦争リーケの原理日清戦争国際オリンピック委員会ロシア映画オストワルトアレクサンドル露仏同盟

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation