@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クル
Kulu
インド北西部,ヒマチャルプラデーシュ州中部にある町。ベアズ川に沿うクルマナリ峡谷の入口にあり避暑地としても有名。米,ジャガイモ,果物を産し,付近の農産物集散。人口1万 4566 (1991) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クル【Kuru】
古代インドの部族名,国名。クル族は後期ベーダ時代(前1000‐前600ころ)にガンガー川上流域に住んでいた部族で,前期ベーダ時代(前1500‐前1000ころ)の主要部族であったバラタ族後裔とみられている。南隣のパンチャーラ族と親縁関係にあったため,クル・パンチャーラと併記されることが多い。クル族の住地(クルクシェートラ)はアーリヤ文化の中心であり,バラモン教聖地として知られる。《マハーバーラタ》の大戦争が戦われたのもこの地である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation