@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クレイステネス[シキュオン]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クレイステネス[シキュオン]
Kleisthenēs of Sikyōn
[生]?
[没]前570
シキュオン僭主 (在位前 600頃~570) 。建国以来のドーリス系アルゴス人の支配に抵抗してドーリス系3部族の名を改め,さらにアルゴスの英雄アドラストスの信仰を排しディオニュソス祭を導入した。治世中シキュオンの力は絶頂に達し,第1次神聖戦争 (前 600頃~590) では隣保同盟 (アンフィクチオニア ) を助け,指導的役割を演じてクリサを破壊した。一方,宮廷には芸術家を集め,ピュチアオリュンピアの競技にはみずから参加して戦車競走に優勝したこともある。なお,娘アガリステの婿を全ギリシアに求め,競わせてアテネのアルクマイオン家のメガクレスにとつがせたが,その子がクレイステネスであり,孫娘アガリステがペリクレスの妻となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレイステネス[シキュオン]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クレイステネス[シキュオン]の関連情報

関連キーワード

瑕疵担保責任ムハンマド(イスラム教の創唱者)色素レーザー空中警戒管制機電子辞書戦時中の米軍機墜落「舞鶴への生還」と「東寺百合文書」北総鉄道の代替バス検視官の派遣離脱組員と就労者

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation