@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クレイステネス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クレイステネス
Kleisthenēs
[生]前570頃
[没]前508頃
古代ギリシア,アテネの政治家。名門アルクメオン家メガクレスシキュオン僭主クレイステネスの娘アガリステとの間に生れた。アルクメオン家は,アテネの僭主ペイシストラトス家と長く敵対関係にあり,クレイステネスも国外に亡命していたが,ペイシストラトスの死後,帰国を許され,前 525年にはアルコンとなった。しかし再び亡命を余儀なくされた。キュロンの反乱後の処置をめぐる涜神の罪で追放されたアルクメオン家のメガクレス以来,デルフォイのアポロ神殿と密接な関係をもっていたため,デルフォイの神託の力をかりて,スパルタを動かし,前 510年スパルタ王クレオメネス1世がアテネを侵攻して,ペイシストラトス家を追放したあと,アテネに帰国。僭主政崩壊後クレオメネス1世と結んで寡頭政樹立を企てたイサゴラスら寡頭派と対立。前 508年民衆の支持を受けて,民主的改革案を打出したが,同年アルコンに就任したイサゴラスによってまた追放され,亡命を余儀なくされた。しかし民衆の抵抗,スパルタの2王間の不和,コリントのおもわくなど,内外の情勢に助けられて召還され,改革を断行。僭主政防止のため,市民の票が一定数集れば危険と思われる人物を国外に 10年間追放できるオストラシズム (陶片追放) の制度を設けた。また全アッチカを 150区に分けた所属区で名前を表わすようにし,家柄を示す父称を廃し名門の支配の打倒を策し,区をもとにして市域,内地,海岸を組合せて 10部族をつくり,以前の血縁的部族 (フュレ) を廃して行政,軍政の基礎にした。各部族から1人出る将軍 (ストラテゴス) ,五百人評議会が新たに設けられ,以後重要な機関となった。この改革はアテネ民主主義の基礎を固めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クレイステネス(Kleisthenēs)
前6世紀末のアテナイの政治家。血縁的部族制を廃して地域的部族制を制定するなどの改革を行い、民主政治の基礎を確立。また、僭主(せんしゅ)ヒッピアスの追放後、僭主再現防止のため、オストラシズムを創始した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クレイステネス【Kleisthenēs】
前6世紀のアテナイの政治家。アルクメオニダイのメガクレスとシキュオンの僭主クレイステネスの娘アガリステとの子で,ペイシストラトスの僭主政と戦いつつアテナイ民主政を確立した改革者。ペイシストラトスの死(前528か527)後アテナイに帰還したらしく,前525か524年にアルコン職についたことは碑文から疑いがない。しかしペイシストラトスの子ヒッパルコスが殺された(前514)後アルクメオニダイは追放されたが,デルフォイにあってアポロン神殿の神託所の巫女に大きな影響力を発揮した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クレイステネス
くれいすてねす
Kleisthenes

生没年不詳。古代ギリシア、アテネの政治家。アテネの名門アルクメオン(アルクマイオン)家に生まれ、母方の祖父はシキオンの僭主(せんしゅ)クレイステネス。紀元前525年に最高役人のアルコン・エポニモスを務めたが、のち亡命し、前510年ヒッピアスの僭主政崩壊とともに帰国。前508/507年に民衆を味方にして、スパルタに助けられた政敵イサゴラスを打倒し、国制の大改革を断行した。すなわち、地縁的な10部族(ヒュレphyle)を新たに組織して、従来、貴族の勢力基盤であった氏族制的な4部族の政治・軍事の役割をこれに移し、10部族の下部単位として百数十の区(デモスdemos)を設けて、各市民の所属する区を定め、たぶん農民級までの市民500人からなる評議会を設置して、広範な権限をこれに与え、僭主の再来防止のためにオストラキスモス(陶片追放)の法を制定した。こうしてアテネに重装歩兵民主政を確立し、前5世紀の民主政の発展の基礎を置いた。その後まもなく、スパルタとの衝突に備えてペルシアとの同盟を求め、市民の反対を受けたことから失脚したらしい。

[清永昭次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クレイステネス
(Kleisthenēs) 紀元前六世紀後半のアテナイの政治家。旧来の四部族制を廃して一〇部族制とし、またオストラキスモス(陶片追放)の制度を定めて、アテナイ民主政治の基礎を築いた。クリステネス。生没年不詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

クレイステネス
Kleisthenes
生没年不詳
前6世紀のアテネの政治家
名門出身。僭主政の打倒に成功したのち,政権を獲得。前508年の改革でオストラシズム(陶片追放)を採用して僭主の出現を防止し,旧来の氏族制的4部族制を地域的10部族制に改め,500人会と呼ぶ民会を設置してアテネ民主政を確立した。デーモス(区,〈デモクラシー語源〉)という地方自治の単位を創設し,アテネ市民は必ずいずれかのデーモスに所属するようにした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレイステネス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クレイステネスの関連情報

関連キーワード

瑕疵担保責任嚢胞性線維症クレイステネス[シキュオン]ムハンマド(イスラム教の創唱者)色素レーザー生協コープCO‐OP明治三陸沖地震学校法人東京医科大学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation