@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クレオソート油【クレオソートゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クレオソート油
クレオソートゆ
creosote oil
コールタールの低温乾留で得られる中油以上の留分の混合物。アントラセンナフタリンクレゾール,高級フェノール類,ナフトール類などを含む。各種芳香族化合物の分離,木材防腐剤塗料などに用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クレオソートゆ【クレオソート油 creosote oil】
石炭乾留の生産物であるコールタールを蒸留して得られる中油,重油,アントラセン油などから,それぞれナフタレン,アントラセン,カルバゾール,フェノール,クレゾールなどの有用成分を分離した残油分を適宜に配合したもの。コールタールに対する収率はおよそ25%で,おもな用途は木材用防腐剤,塗料,漁網染料などである。【冨永 博夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クレオソート油
くれおそーとゆ
creosote oil

コールタール留分の一種。コールタールを蒸留すると得られる中油以上の留分の混合物。中油、重油、アントラセン油などの各留分から、ナフタレン、アントラセンなどを分離・回収した残油分を適宜配合し一定規格(JIS K 2439)のものとした製品。沸点は200℃以上、比重は1.0以上(20℃)である。木材防腐剤、塗料などとして用いられる。

[田上 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クレオソート‐ゆ【クレオソート油】
〘名〙 木材防腐剤。コールタールを蒸留して得られる中油以上の留分の混合物。中油、重油、アントラセン油からナフタリン、クレゾール類、アントラセンなどを取りだした残りの油を混合したもので、魚網染料、燃料、塗料などにも用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレオソート油」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クレオソート油の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation