@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クレオフォンの画家【クレオフォンのがか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クレオフォンの画家
クレオフォンのがか
Kleophon Painter
古代ギリシアの赤像式陶画家。前440~前430年頃にアテネで活躍。ロシアのエルミタージュ美術館所蔵のスタムノス(水がめ)に,クレオフォンとメガクレスの名(カロス名)を記しているため,この名で呼ばれる。彫刻家フェイディアスの作風に強く影響されている。代表作は『出陣』(前430頃,ミュンヘン国立古代美術館)。(→赤像式陶器

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレオフォンの画家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クレオフォンの画家の関連情報

関連キーワード

標準音シクスツス3世サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂竹刀スラックレオ(1世)ファン・ルイス ゲラパワーハラスメントパワー・ハラスメントトイザらス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation