@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クレタ文明【クレタぶんめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クレタ文明
クレタぶんめい
Cretan civilization
エーゲ海域の文明のうちクレタ島を中心とするものをさす。ギリシア本土のヘラディック文明に対してミノア文明と呼ぶこともある。大別して前期 (前 30~22世紀) ,中期 (前 21~17世紀) ,後期 (前 16~12世紀) に分けられる。前期には金属器 (おもに銅) の使用が広がり,中期にはさまざまな用途の青銅器が普及し,クノッソス,フェイストス,マリアなどで最初の宮殿が建てられた。壁画も発達し,多彩のカマレス陶器が生産された。また中期末には,絵文字から発達した線状文字Aが使われるようになった。後期は,クレタ文明が最も栄えた時期である。現存するクノッソス宮殿大部分はこの時期に造られた。前 15世紀前半頃,ギリシア本土の民族がクノッソスを征服し,線状文字Bを残した。この時期に,クレタ文明はギリシア本土,シリアエジプトを結ぶ海上貿易によって繁栄したが,前 14世紀以降は衰え,前 11世紀初めにドーリス人の侵入によって滅びた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クレタ‐ぶんめい【クレタ文明】
前20世紀ごろから前14世紀ごろまで、クレタ島で栄えた文明。エーゲ文明の一中心であり、オリエント文明の影響下に発達した海洋文明で、ミケーネ文明に先行する。民族系統は不明。エバンズの調査により、クノッソス宮殿や多数の陶器類が発掘された。ミノア文明。ミノス文明

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くれたぶんめい【クレタ文明】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

クレタ‐ぶんめい【クレタ文明】
〘名〙 紀元前三〇〇〇年頃から紀元前一四〇〇年頃まで地中海のクレタ島で栄えた文明。エーゲ海の青銅器文化の中・後期にあたる。流麗で多彩な陶器、クノッソス宮殿の壁画などが有名。オリエント文明の影響が見られ、ギリシア文化の先がけをなす。ミノア文明。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

クレタ文明
クレタぶんめい
エーゲ文明の前期(前3000 (ごろ) 〜前1500 (ごろ) )にクレタ島を中心に栄えた海洋的青銅器文明。ミノス(ミノア)文明ともいう
エジプト・メソポタミアの文明の影響も受け,前1600年ごろオリエント的な集権国家が成立,地中海交易で繁栄し,クノッソスなどに壮麗な王宮を建設した。これが伝説上のミノス王の海上帝国で,この文明の最盛期である。前1400年ごろには,ギリシア人がクレタ文明の主導権を握り,ギリシア本土でもこの文明の影響下にミケーネ文明が成立した。発掘された陶器・壁画などの美術品は,すぐれた物が多く,明るく写実的で繊細華麗な作風をもつ。また,独自の象形 (しようけい) 文字・線文字Aを残した。アカイア人の侵入によって衰退した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

クレタ文明
くれたぶんめい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレタ文明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クレタ文明の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation