@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クレペリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クレペリン
Kraepelin, Emil
[生]1856.2.15. メクレンブルク,ノイシュトレーリッツ
[没]1926.10.7. ミュンヘン
ドイツの精神医学者。一時,W.ブント師事。ドルパト大学,ハイデルベルク大学教授を経てミュンヘン大学教授。そこで精神医学研究所を創設 (1917) 。精神の系統的分類の基本体系をつくったことは大きな業績である。また,精神薬理学を研究し,実験心理学の方法を臨床に応用した。さらに精神病者の性格特性の分析に基づき,作業による性格検査を考案した。主著『精神医学教科書』 Compendium der Psychiatrie (1883) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クレペリン(Emil Kraepelin)
[1856~1926]ドイツの精神医学者。精神障害の分類に体系を立て、統合失調症躁鬱(そううつ)病の二大分類を提唱した。現在の精神医学における精神障害の概念枠組みを作り上げた業績がある。精神作業検査法を開発。「精神医学綱要」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クレペリン【Emil Kraepelin】
1856‐1926
S.フロイトとならび,近代精神医学の基礎を築いたドイツの医学者。ミュンヘン,ライプチヒに学び,脳病理学の大家グッデンB.A.von Guddenや実験心理学の創始者W.M.ブントに師事し,30歳でドルパート(現,タルトゥ)大学の精神科教授となる。1903年ミュンヘン大学に招かれ,17年精神医学研究所Forschungsanstalt für Psychiatrieを設立。27歳のとき《精神医学教科書》(1883)を出し,版を重ねるごとに改訂をつづけ第9版に達した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クレペリン
くれぺりん
Emil Kraepelin
(1856―1926)

ドイツの精神医学者。メクレンブルクのノイストレリッツに生まれる。ライプツィヒ大学で医学博士の学位をとり、ミュンヘン大学、ライプツィヒ大学、ハイデルベルク大学などで教えた。師のW・ブントを非常に尊敬し、心理学の連想実験を精神医学に取り入れた。また精神病の体系的分類を行い、早発性痴呆(ちほう)(後にスイスのブロイラーがスキゾフレニア(統合失調症)という名称を提唱)とそううつ病とに2大別するとともに、精神病の原因は器質的なものでその経過を予測することができると考えた。作業検査の開発者でもあり、それが日本の内田クレペリン精神作業検査(クレペリン検査)のもとになった。「現代精神医学の父」とよばれることがある。主著に『精神医学綱要』(1883)がある。

[宇津木保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クレペリン
(Emil Kraepelin エミル━) ドイツの精神医学者。ミュンヘン大学教授。ブントの心理学を基礎として精神病の分類、体系化を行ない、早発痴呆と躁鬱(そううつ)病の疾患単位を確立。自然科学的な近代精神病学を建設し、精神作業検査の端緒を開いた。主著「精神医学概論」。(一八五六‐一九二六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレペリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クレペリンの関連情報

関連キーワード

川本幸民剣頭恵美須ヶ鼻造船所跡ディクソン大森安仁子マイルマードックブリガムノットモーリッシュ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation