@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クレーン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クレーン
Crane, (Harold) Hart
[生]1899.7.21. オハイオ,ギャレッツビル
[没]1932.4.27. カリブ海
アメリカの詩人。少年時代から詩作に従い,大学入学準備のためニューヨークに出たが,詩人グループに加わって大学には学ばなかった。初め T.S.エリオットやフランス象徴派の影響を受けたが,処女詩集『白い建物』 White Buildings (1926) 以後,一転してホイットマンの伝統を受継ぎ,アメリカの未来に対する信念を実験的手法で歌った。これが,アメリカの過去と現在を統一するシンボルたるブルックリン橋を歌った大作『橋』 The Bridge (30) に結実する。その後コルテスとアステカ王をめぐる叙事詩を書こうとしてメキシコに旅行したが,創作上の行きづまりから帰途カリブ海で投身自殺をとげた。死後『全詩集』 (33,W.フランク編) ,『書簡集』 (52,B.ウェーバー編) が出た。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレーン
Crane, Stephen
[生]1871.11.1. ニュージャージー,ニューアーク
[没]1900.6.5. ドイツ,バーデンワイラー
アメリカの小説家。メソジスト派牧師を父に 14人兄弟の末子として生れた。家庭のきびしい宗教的雰囲気に早くから反抗し,その反骨精神は生涯を通じて残った。早くから文筆に親しみ,8歳で短編を書きはじめ,シラキューズ大学在学中にフローベールやゾラの影響下にニューヨークのスラム街の売春婦を描いた処女作『街の女マギー』 Maggie: A Girl of the Streetsの最初の稿を書上げ,中退後書直して 1893年自費出版した。その後スケッチ風の短編を書き継ぎ,南北戦争における一兵士の心理を描いた小説『赤い勲章』 The Red Badge of Courage (1895) で国際的な名声を得た。 97年キューバ革命報道のため潜入を企てたが乗込んだ船が難破,その経験は短編『オープン・ボート』 The Open Boat (97) に結実した。同年売春宿を経営していたコーラ・テーラーと結婚,ギリシア=トルコ戦争取材のためギリシアにおもむき,98年にはアメリカ=スペイン戦争報道のためキューバに再び従軍,その後はイギリスに定住したが,結核とマラリアのため 28歳で早世した。ほかに,中編『ジョージの母』 George's Mother (96) ,短編集『怪物ほか2編』 The Monster and Other Stories (99) ,詩集『黒い騎手』 The Black Riders (95) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレーン
Crane, Walter
[生]1845.8.15. リバプール
[没]1915.3.14. サセックス,ホーシャム
イギリスの画家,図案家,著述家。肖像画家 T.クレーンの次男。 1859~62年木版画家 W.リントンのもとで修業。日本の浮世絵版画からも影響を受けた。絵画は寓的なものが多く,ラファエル前派の影響が強い。 64年から挿絵をかきだし幼児本の挿絵画家としても名声を博し,また壁紙布地の図案家としても活躍。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレーン
crane
起重機。工場では一般にグレンともいわれる。人の力では動かすことのできないような重量物や物を移動させるため,適当な架構とウインチ機構とを組合せた装置。次のような種類がある。 (1) 天井クレーン トロリー式として代表的なもの。 (2) ジブクレーン 長い腕をもち,旋回できるクレーン。軌条上を走行するものと固定式のものとがある。 (3) 塔形クレーン 高いリフト距離と大きい半径をもつもの。 (4) 自走クレーン 自走台車上に回転式ジブクレーンを載せたもの。 (5) 浮きクレーン 幅の広い箱形の台船上に回転式あるいは固定式のジブクレーンを載せたもの。ほかに橋形クレーン,ケーブルクレーン,アンローダなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クレーン(crane)
の意》重量物をつり上げて、水平または垂直方向へ移動させる荷役機械起重機
[補説]天井クレーンジブクレーン橋形クレーンなどの固定式クレーンとトラッククレーンホイールクレーンクローラークレーン鉄道クレーン浮きクレーンなどの移動式クレーンがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クレーン【crane】
起重機ともいう。荷をつって垂直および水平方向に移動させる機械で,一般には三次元の作業範囲内の任意の位置に荷を移動させる機能を備えている。各種工場,港湾,倉庫,発電所,建設工事など,生産や物流のほとんどあらゆる分野で,材料や製品,その他の重量物を立体的に移動させるという作業が必要であるから,その役割を担うクレーンの性能や稼働率は,生産や物流の能率に大きな影響を及ぼす。クレーンのつり荷の形態には,個体として取り扱う機械や鉄骨構造物(鉄構)やコンテナーのような荷と,ばらのまま取り扱う鉱石石炭穀類などのような荷(ばら物)とがあり,それぞれに適したつり具や機構が用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クレーン【Harold Hart Crane】
1899‐1932
アメリカの詩人。オハイオ州の富裕な商人の子に生まれ,17歳で学校をやめて,ランボーのように放浪した。いろいろな職業を遍歴したあげく,1920年以来ニューヨークに定住し,象徴詩やイマジズムの影響を受けた短詩集《白いビルディング》(1926)を出した。その数年前に出たエリオットの《荒地》の悲観主義にあきたらず,ホイットマンの楽天主義を受けついだアメリカの一大叙事詩を書こうとして,パトロンの支援をえてキューバに出かけ,一連の美しい象徴詩風の抒情詩を書き上げた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クレーン【Stephen Crane】
1871‐1900
アメリカの小説家。ニュージャージー州にメソディスト派牧師の子として生まれた。大学を中退してニューヨークに出,新聞記事を書きながら創作に従事した。在学中に書き始めた《街の女マギー》は,ニューヨークの貧民街に住む少女の過酷な運命を描いたもので,アメリカ最初のすぐれた自然主義小説といわれるが,出版社が忌避し,1893年自費出版する(改訂版1896)。W.D.ハウエルズ,H.ガーランドに認められたもののほとんど売れず,生活は困窮した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

クレーン【Walter Crane】
1845‐1915
イギリスのデザイナー,挿絵画家,画家。肖像画家の子としてリバプールで生まれ,13歳で木版画家リントンW.J.Lintonの弟子となる。ラファエル前派,ことにバーン・ジョーンズや日本の版画の影響を受け,油絵の本格的な作品も描いたが,《トイ・ブックスToy Books》のシリーズ(1865‐1900),《ベビーズ・オペラBaby’s Opera》(1876)等で絵本画家として名声を確立した。一方,そのすぐれた装飾感覚はモリス,ミントンT.Minton,ウェッジウッドなど多くの工房のために行った壁紙,陶器,テキスタイルなどのデザインに発揮されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

クレーン【crane】
重量物を動力でつり上げ、上下・左右・前後に移動させる機械。起重機。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレーン【Stephen Crane】
1871~1900 アメリカの小説家・詩人。自然主義的な写実から出発して、独自の印象主義的作品世界を切り開いた。代表作「赤い武功章」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クレーン
〘名〙 (crane) 荷物を持ち上げて移動させる機械。物体にひっかける鉤(かぎ)や磁石が上下、左右、前後の運動をするのが原則。腕木を上下左右に動かすものや、レールに沿って移動するものなどがある。起重機。
※東京日日新聞‐明治二六年(1893)一二月二八日「重量百噸を引上ぐべきクレーンは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレーン
(Stephen Crane スチーブン━) アメリカの小説家。代表作「赤色武勲章」はアメリカ自然主義文学の先駆的作品。(一八七一‐一九〇〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クレーンの関連情報

関連キーワード

リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ[各個指定]芸能部門童謡誌おてんとさん自動車フィンランディアチェレプニンパテルノストロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation