@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クロイドン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クロイドン
Croydon
イギリスイングランド南東部,グレーターロンドンを構成する 33地の一つ。外部ロンドンに属する区で,グレーターロンドンの南部に位置する。かつては郊外緑地帯であったが,第2次世界大戦後,宅地化が進み,おもにロンドンの郊外住宅地となっている。科学器具,エンジン電機などの工業も行なわれる。また中央部一帯は 1956年以降大規模な再開発が進められ,グレーターロンドン南部で最大のショッピング・ビジネス街となっている。区内にはカンタベリー大主教のかつての夏の宮殿や聖ジョン聖堂がある。面積 87km2。人口 33万587(2001)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クロイドン【Croydon】
イギリス,イングランド南東部,大ロンドン都市圏南部にある区。人口32万3000(1993)。地名は古英語で〈野生サフランの咲く谷〉を意味する。もとサリー州に属する独立都市であったが,1965年に近隣町村を含めたクロイドン区として大ロンドンに編入された。ロンドン盆地南部の丘陵地帯に位置し,ロンドン郊外の住宅地域をなすが,機械,電子などの工業もみられる。ウィリアム1世がクロイドン荘園をカンタベリー大司教に寄進して以後,1758年に至るまで大司教の居館が置かれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クロイドン
くろいどん
Croydon

イギリスの首都大ロンドン南部の区。面積86.6平方キロメートル、人口33万0688(2001)。古くからロンドン南郊の独立商業都市として栄え、近年は電気機械、車両、金属製品製造などを中心に1000を超す工場も立地している。ロンドン中心部まで電車で15分の位置にあり、1965年大ロンドンに合併後は近郊住宅地化が目覚ましいが、現在も商業中心地としての機能を果たしている。第二次世界大戦前ロンドン空港として知られたクロイドン空港は、1959年に閉鎖された。

[井内 昇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロイドン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロイドンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation