@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クロスレート

デジタル大辞泉

クロス‐レート(cross rate)
二国間の為替相場を算出するのに用いられる、相手国通貨と、米ドルなど基準となる第三国通貨との間の為替相場。→裁定為替相場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイジェイFX用語集

クロスレート
基軸通貨である米ドルを介さない通貨ペアの為替相場の事です。日本では、を介さない通貨ペアを指す場合もあります。例えば「英ポンド/豪ドル」「ユーロ/スイスフラン」等。

出典:ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

大辞林 第三版

クロスレート【cross rate】
自国通貨と相手国通貨との為替相場を算出するために、アメリカドルなど有力な第三国通貨を基準にする場合の相手国通貨と第三国通貨との相場。 → 裁定為替相場

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クロス‐レート
〘名〙 (cross rate) 二国間の為替(かわせ)相場を第三国からみていう言葉。戦前の日本の自由為替市場では米英のクロス‐レートを基調としていた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロスレート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロスレートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation