@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クロック周波数【クロックシュウハスウ】

知恵蔵

クロック周波数
一般には、CPUの動作速度を示す「CPUクロック」を指す。パソコン内の各部品がデータを交換するタイミングを一致させるためにクロックという部品が発している信号の周波数を基準とする。周波数が高い(数字が大きい)ほど、1秒当たりのデータ交換回数を増やすことができ、計算速度やデータ転送速度を高めることができる。
(斎藤幾郎 ライター / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

パソコンで困ったときに開く本

クロック周波数
MHz(メガヘルツ)やGHz(ギガヘルツ)という単位で表されたCPUの計算スピードです。CPUの内部構造が違うと単純な比較はできませんが、同じCPUならクロックの数値が大きいほど高性能だといえます。
⇨CPU、GHz、MHz

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

クロック‐しゅうはすう〔‐シウハスウ〕【クロック周波数】
clock frequency》⇒クロック

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

クロックしゅうはすう【クロック周波数】
動作周波数。⇒動作周波数

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロック周波数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロック周波数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation