@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クロノス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クロノス
Kronos
ギリシア神話の神。ローマのサツルヌスと同一視された。ウラノスガイアから生れたティタンたちの末弟だが,ガイアのすすめに従い,ウラノスを去勢して,父が保持していた天界の王位を簒奪した。姉妹のレアと結婚したが,彼も父と同様,自分の子に王位を奪われる運命にあると知らされ,レアの生む子供たちを次々に生きたまま腹の中に飲み込んだ。しかし末子ゼウスだけは,産着に包んだ石を赤子だと偽ってクロノスに飲ませたレアのおかげで救われ,成長後,まずクロノスに兄と姉たちを吐き出させ,これと協力してクロノスとティタンたちに挑戦して,予言どおりその王位を簒奪し,クロノスらを地下のタルタロスに閉じ込めた。クロノスが支配した時代の人類は黄金の種族で,楽園の生活をおくったとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クロノス(Kronos)
ギリシャ神話で、天空の神ウラノスと大地の女神ガイアの末子。父の王位を奪ったが、のちにわが子ゼウスに征服され、地底閉された。ローマ神話サトゥルヌスと同一視された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

クロノス
マツダが1991年から1995年頃まで製造、販売していた乗用車。4ドアセダン。クレフの姉妹車。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロノス
アメリカのSFテレビドラマ・映画シリーズ「スタートレック」に登場する惑星。異星人種属クリンゴンの本星で、クリンゴン帝国の中枢

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クロノス【Kronos】
ギリシア神話で,天空神ウラノスと大地女神ガイアの子。ティタン神の末弟で,ゼウスの父。ウラノスが子らを冥府タルタロスに押し込めたことを恨んだガイアから大鎌を与えられ,父神の陽物を切り落としてその王権を奪った。その後,姉のレアを妻とし,女神ヘスティア,デメテル,ヘラ,男神ハデス,ポセイドンの親となったが,わが子に王権を奪われるのを恐れた彼は,それらの子をかたっぱしから腹に飲み込んだ。しかし末子ゼウスの場合は,ひそかにクレタ島お産をすませたレアの計略でむつきにくるんだ石を飲まされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クロノス
くろのす
Kronos

ギリシア神話の神。ローマ神話ではサトゥルヌスにあたる。ウラノスとガイアの子でティタン(巨人族)に属す。父ウラノスは生まれた子をすべて冥府(めいふ)に閉じ込めたので、怒ったガイアは、末っ子のクロノスをそそのかしてウラノスの男根を切り取らせ、その覇権を簒奪(さんだつ)せしめた。支配者となったクロノスは、姉のレアと結婚して、ヘスティア、デメテル、ヘラ、ハデス、ポセイドン、ゼウスを得た。しかし彼は、自分の子供に王位を奪われるであろうと両親から預言されていたので、子供が生まれるとすぐにこれを飲み込んだ。しかし末っ子ゼウスが生まれたとき、レアが偽って石をかわりに飲ませ、ゼウスをクレタ島に隠した。このためクロノスは、のちに成長したゼウスと10年間にわたって覇権を争うことになり、結局、キクロペス、ヘカトンケイルを味方につけたゼウスに敗れた。

 彼はおそらく先住民族の神で、ゼウスとの覇権争いはギリシア民族による先住民族駆逐の経緯を示すものと考えられる。一説には、クロノスの時代は黄金時代であり、彼は人類に種々の幸せをもたらした。そしてオリンポスを追われたのちは至福の島の王となったという。またローマ人は、オリンポスを追われたクロノスはのちにイタリアに赴き、その息子ピクスがローマ歴代の王の祖となったとしている。

[丹下和彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クロノス
(Kronos) ギリシア神話で、ウラノスと地上女神ガイアとの子。ゼウス、ポセイドン、ハデス、ヘラ、デメテル、ヘスティアの父。ゼウスを除く自分の子どもたちを次々に呑み込んだが、結局ゼウスによってタルタロスに幽閉され、天空の支配権を奪われる。時を象徴しているとされ、また、ローマ神話の農耕神サトゥルヌスと同一視される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロノス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロノスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation