@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クロマツ【くろまつ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

クロマツ
くろまつ / 黒松
[学] Pinus thunbergii Parl.

マツ科(分子系統に基づく分類:マツ科)の常緑針葉高木。別名オマツ。大きいものは高さ50メートル、直径3.8メートルに達する。樹皮は黒灰色で亀甲(きっこう)状の割れ目ができ、やや厚い鱗片(りんぺん)となってはげ落ちる。葉は2個束生し、針状で長さ8~15センチメートル、幅1.4~2.0ミリメートルあり、質が堅い。雌雄同株。4、5月に開花する。直立した新しい枝の上端に球形で紫紅色の雌花を数個つけ、下部に雄花を群生してつける。雄花は包鱗(ほうりん)に二つの葯室(やくしつ)があり、黄色の花粉をたくさん出す。球果は卵状円錐(えんすい)形で長さ4~8センチメートル、径2.5~3.0センチメートル、種鱗(しゅりん)には各2個の種子がある。種子は2年で成熟し、菱(ひし)形で長さ約5ミリメートル、種子より3倍長い翼がある。本州、四国、九州(吐噶喇(とから)列島の宝島まで)、および朝鮮半島南部に広く自生し、また各地で植林される。木は庭園、公園、並木、盆栽、いけ花などに賞用され、材は建築、器具、土木、船舶、パルプなどに使われる。また幹から松脂(まつやに)をとる。

[林 弥栄 2018年5月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロマツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロマツの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation