@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クロム鋼【クロムこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クロム鋼
クロムこう
chromium steel
普通クロム鋼とは構造用鋼を意味し,高炭素低クロムの軸受鋼および低炭素高クロムのステンレス鋼は除外する。通常は炭素 0.28~0.48%の炭素鋼にクロム 0.8~3%を添加する。クロムは鉄とともに硬い複炭化物をつくるので著しく耐摩耗性を増す。焼入れ性もよく,焼きひずみなくマルテンサイト化するので,工具,ベアリング,類など機械部品につくられるが,粘り強さはやや悪い。別に同じクロム量で炭素量を 0.13~0.23%に減じた低炭素クロム浸炭による複炭化物の形成で表面硬化性が大きいので,肌焼鋼としてカム軸,歯車,ピンなど小物機械部品に用いられる。クロム鋼の欠点焼戻し脆性で,475℃付近で長時間加熱するか徐冷するともろくなる現象である。それでこの脆化温度域以上に加熱したときは油または水で急冷する。モリブデン 0.15~0.35%の添加はこの欠点を緩和する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クロム‐こう〔‐カウ〕【クロム鋼】
クロムを含む鋼。クロム2パーセント以下のものは工具・歯車・軸受けなどに、12パーセント以上のものはステンレスなどとして用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くろむこう【クロム鋼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クロム鋼
くろむこう
chromium steel

クロムを含有する鋼。狭義には1%程度のクロムを含有する構造用合金鋼をいい、12%以上を含む高クロム鋼を普通ステンレス鋼、鋼の高温強度を高める目的で数%以下のクロムを添加した鋼を低合金耐熱鋼という。構造用合金鋼は車軸など強靭(きょうじん)性が要求される部材に用いる鋼の総称であり、0.5%以下の炭素を含み、焼入れ後650℃付近で焼き戻して使用される。肉厚になると急冷できず、焼きが入らなくなるのでクロムなどの合金元素が添加される。1%のクロムの添加により、クロム無添加丸棒の約3倍の直径の丸棒を焼入れ硬化させることができる。クロム鋼を焼戻し温度(約650℃)から急冷すると強靭になるが、この温度から徐冷をするときわめてもろくなる。この現象を焼戻し脆性(ぜいせい)という。

[須藤 一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クロム‐こう ‥カウ【クロム鋼】
〘名〙 炭素鋼にクロムを加え機械的性質を向上させた構造用特殊鋼。硬度が高く、焼きの入りがよい。高級刃物工具、自動車部品、玉軸受などに用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロム鋼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロム鋼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation