@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クロルプロマジン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クロルプロマジン
chlorpromazine
C17H19ClN2S 。フェノチアジン誘導体の研究中に得られた静隠薬。それまで動物の寄生虫の治療に用いられていたものが 1951年よりヒト用に実用化され,乗物酔いなどに使われていたが,52年,H.ラボリが精神鎮静に使い成功した。その後,冬眠療法に用いられはじめ,次いで向精神薬として単独に用いられるようにもなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クロルプロマジン(chlorpromazine)
精神安定薬の代表的薬物統合失調症・躁(そう)病・神経症のほか、麻酔前投薬に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

クロルプロマジン
 C17H19ClN2S (mw318.87).

 神経安定薬の一つで,また鎮静作用,制吐作用も示す.ドーパミン,α1受容体,ヒスタミン受容体,セロトニン受容体などに作用してリガンドの作用を遮断するとされる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くろるぷろまじん【クロルプロマジン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クロルプロマジン
くろるぷろまじん
chlorpromazine

局方名を塩酸クロルプロマジンといい、強力精神安定剤(メジャートランキライザー、抗精神病薬)の代表的薬物である。1950年にフランスのローンプラン社でフェノチアジン系化合物の研究からみいだされた。精神神経科における薬物療法の進歩はクロルプロマジンの登場から始まるとも考えられる。中枢神経および自律神経の抑制作用により鎮静、制吐、麻酔および催眠強化の目的で使用される。適応は、統合失調症(精神分裂病)、人工冬眠、そう病、神経症における不安、緊張、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、吃逆(きつぎゃく)(しゃっくり)、破傷風に伴うけいれん、麻酔前投薬、鎮静・鎮痛剤の強化など。錠剤(12.5ミリグラム、50ミリグラム、100ミリグラム)、10倍散、顆粒(かりゅう)、シロップ、注射液(0.5%、1%、2.5%)の製品が市販されている。「ウインタミン」「コントミン」が有名である。

[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クロルプロマジン
(chlorpromazine) 抗精神病薬の一つ。局方名塩酸クロルプロマジン。鎮静・鎮痛・制吐・麻酔および催眠強化の目的で、躁病や統合失調症、ショック状態の治療に用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

クロルプロマジン
クロルプロマジン
chlorpromazine

2-chloro-10-[(3-dimethylamino)propyl]phenothiazine.C17H19ClN2S(318.87).2-クロロフェノチアジンにナトリウムアミドの存在下で3-(ジメチルアミノ)プロピルクロリドを作用させると得られる.アミン臭のある油状液体.沸点200~205 ℃(0.1 kPa).精神分裂症に用いられるトランキライザー.少量で鎮静作用を,大量で睡眠を起こさせる.塩酸塩は白色結晶.融点194~196 ℃.LD50 405 mg/kg(マウス,経口)[CAS 50-53-3][CAS 14923-91-2:塩酸塩]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロルプロマジン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クロルプロマジンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation