@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クンダン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クンダン
kéndang
インドネシアのガムラン合奏音楽で全体の主導権を握る膜鳴楽器。狭義では (ばち) を使って打つ両面太鼓をさすが,広義には2~4個セットで手で打つものをさす。またドラムを演奏することをクンダンガンという。合奏のなかではほかの楽器よりも即興が多く許され,リズムの複雑さで音楽を高揚させ,約束によるリズム型と音強法によってテンポの変化を先導する機能を果す。ジャワ島にはサイズを区別して大きいものからクンダングンディン,クティプン,バタンガンがあり,バリ島には小型高音のクンダンラナンと大型低音のクンダンワドンがあって,男女両性を表わすとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

クンダン(〈インドネシア〉kěndang)
インドネシアおよびマレー打楽器。牡羊や水牛などのを両面に張った樽形の細長い太鼓で、4種の音を出す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クンダン【kenḍang[ジヤワ]】
インドネシアのジャワ島,バリ島を中心に用いられる両面太鼓。他の地域では,グンダン,グンドゥラン,ガンランなどと呼ばれ,ともに太鼓の擬声語から出た名である。樽形または円錐台形の木製胴体の両面に水牛もしくは牛の皮を張る。小編成から大編成までのあらゆるガムラン(合奏音楽)に不可欠で,さまざまな合図によって踊りを導き合奏をリードする。地域によっては曲の種類によって,中くらいの大きさのものを単独,または2個一組で,あるいは大きさの違うものを2個から数個組み合わせて,複雑なリズムを奏する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

クンダン
くんだん
kendang
ジャワおよびバリ島で主としてガムラン音楽に用いられる膜鳴楽器。胴体はナンカの木をくりぬき、両面に水牛の革を張り、革紐(ひも)あるいは籐(とう)で締める。演奏は手のひら、あるいは桴(ばち)によって行われる。クンダン奏者は合奏のリーダーとして、テンポや強弱の変化など多くの合図を他の奏者や踊り手に送る。ジャワでは大(クンダン・グンディン)、中(クンダン・バタガン)、小(クンダン・クティプン)の3種が、バリでは大(クンダン・ワドン)、小(クンダン・ラナン)の2種が用いられる。[中川 真]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クンダン
〘名〙 (kĕndang) インドネシア、マライの打楽器。牡羊の皮を両面に張った樽形の細長い太鼓で、四種の音を出す。ガムランでは指揮者が受け持つ。グンデル。グンダン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クンダン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クンダンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation