@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

クーリー貿易【クーリーぼうえき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

クーリー貿易
クーリーぼうえき
coolie
クーリー (苦力)をアメリカ大陸やオーストラリアなどに輸出して利を得る貿易。 19世紀後半,黒人奴隷の解放後盛んになった。中国ではマカオクーリー貿易の拠点で,中国人の出稼ぎ希望者を勧誘,脅迫して契約書に署名させ,目的地へ出発させる「豬仔 (ちょし) 館」が多くあった。航海中の非衛生と虐待のため死亡率が 50%をこえたこともあり,目的地へ到着後も奴隷的労働に従事させられ,人道上の問題となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーリー貿易」の用語解説はコトバンクが提供しています。

クーリー貿易の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation