@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グアドループ

デジタル大辞泉

グアドループ(Guadeloupe)
西インド諸島東部、小アンティル諸島中部にあるフランス海外県バステール島グランドテール島、および周辺の島々から成る。1635年フランス領に、1946年海外県になる。サトウキビバナナ栽培が盛ん。人口45万(2006)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グアドループ【Guadeloupe】
カリブ海,小アンティル諸島のリーワード諸島に属し,イギリス領アンティル諸島の中に位置するフランスの海外県。面積1780km2,人口41万(1993)。主島はグアドループ島。1493年のコロンブスによる発見後,17世紀初めまでスペイン領であった。1635年,フランス人が占領して以来,英仏間に争奪戦が演じられたが,1815年のパリ条約でフランス植民地となり,1946年に海外県になり,さらに74年には〈地域圏région〉の地位も与えられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

グアドループ
ぐあどるーぷ
Guadeloupe

カリブ海東部にあるフランスの海外県。小アンティル諸島中のリーワード諸島南部に位置する。主要部は西のバス・テール島と東のグランド・テール島の二つの島(2島は架橋されている)であり、その他南方のマリー・ガラント島、サント島などの島々から構成される。総面積1705平方キロメートル、総人口42万2496(1999)。バス・テール島とグランド・テール島の二つを合わせてグアドループ島とよぶこともある。バス・テール島は火山島で、ここのスーフリエール火山は1976年突然噴火した。同島のバス・テールはグアドループの中心都市で人口は1万2410(1999)。グランド・テール島はサンゴ礁の島である。主産物は砂糖、バナナ、コーヒー、カカオ、ラム酒。1635年先住民のカリブ人を追い出してフランス人が入植したが、領有権をめぐってイギリスと争い、1815年にフランス領となり、1946年フランスの海外県に昇格した。

[菅野峰明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グアドループ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グアドループの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation