@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グアナフアト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グアナフアト
Guanajuato
メキシコ中部,グアナフアト州州都メキシコシティー北西約 300km,メキシコ高原南部にあり,標高約 2080m。 1554年スペイン人によって建設され,16世紀には北西のサカテカスボリビアポトシと並ぶ銀採掘中心地として発展。 1810年メキシコ革命運動の指導者 M.イダルゴ・イ・コスティリャの率いる軍隊侵攻,激しい闘争ののち陥落し,略奪,破壊された。さらに 1822年洪水に襲われ,多くの富裕階級の人々が去った結果,銀の生産量が著しく減少し,市は急速に衰退していった。しかし 1930年代以降観光業の発展と,連邦政府による州の農業・鉱業部門への援助により徐々に回復。典型的なスペイン植民地風の都市で,聖ディエゴ聖堂 (1663) ,聖フランシスコ聖堂 (1671) などかつての富を反映した美しい建築物が残る旧市街は,1988年旧銀山とともに,世界遺産の文化遺産に登録。グアナフアト大学 (1732) 所在地。人口 11万 3580 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グアナフアト(Guanajuato)
メキシコ中部、グアナフアト州の都市。同州の州都。標高2050メートルの高地にある。植民地時代に銀鉱山の町として栄えた。グアナフアト大聖堂、ラコンパニーア聖堂をはじめ、歴史的建造物が多く残っている。1988年「古都グアナフアトとその銀鉱群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グアナフアト【Guanajuato】
メキシコ中央部,同名州の州都。人口4万5000(1983)。標高2035mの狭い谷あいにあり,付近の鉱業・農牧業地帯の中心都市。1554年に建設され,銀山開発とともに発展し,最盛期には人口10万人を記録した。その繁栄のあとをとどめる歴史的建造物も多く,植民地時代の雰囲気を味わえる代表的観光地で,また1732年創立のグアナフアト大学がある文化の中心。1810年イダルゴの率いる独立革命軍の手に落ちた最初の重要な都市で,彼の最期の地でもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

グアナフアト
ぐあなふあと
Guanajuato

メキシコ中部の都市。グアナフアト州の州都で、メキシコ中央高原の標高2050メートルに位置する。人口7万4874(2000)。16世紀に金と銀の鉱山町として発展した。いまも町全体が当時の名残(なごり)をとどめており、1988年には町の周囲の銀鉱山とともに、世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。芸術の町として知られ、有名なフアレス劇場、優れたバロック建築のサン・ディエゴ教会、グアナフアトの守護聖母を祀(まつ)る壮麗なカテドラルのあるパス広場、旧穀物貯蔵庫のアロンディガ・デ・グラナディタス(現州立博物館)などがある。またメキシコ有数の名門大学グアナフアト大学のほか、パンテオン(市営墓地)には、200体以上のミイラを公開するミイラ博物館がある。

[高木秀樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グアナフアト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グアナフアトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation