@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グアニル酸【グアニルさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グアニル酸
グアニルさん
guanylic acid
グアノシン一リン酸 ( C10H14N5O8P ) の総称。グアノシンのリボースの5′,3′または2′-水酸基にリン酸がエステル結合した構造で,エステル結合の位置によって,5′-,3′-,2′-異性体を区別する。 GMPと略されるのは,普通は5′-異性体であるが,2′-,3′-異性体を2′-GMP,3′-GMPと記すこともある。2′-異性体は Guano-2′-P,3′-異性体は Guano-3′-P,または Gp,5′-異性体は pGとも略される。5′-,3′-異性体はリボ核酸 (RNA) の構成ヌクレオチドの一つ。 RNAのアルカリ加水分解物には2′-,3′-異性体が含まれる。 RNAを酵素で消化すると,酵素によって3′-異性体を与える場合 (リボヌクレアーゼ T2 など) と5′-異性体を与える場合 (ヘビ毒ホスホジエステラーゼなど) がある。 GMP (5′-異性体) は生体遊離でも存在し,アデノシン三リン酸 (ATP) からリン酸を受取ってグアノシン二リン酸 (GDP) やグアノシン三リン酸 (GTP) となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グアニル‐さん【グアニル酸】
guanylic acid》生物体内に存在するヌクレオチドの一種。グアニンリボース燐酸1分子がついたもの。干しシイタケうまみの主成分。調味料として生産される。グアノシン一燐酸。GMP。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

グアニル酸
 C10H14N5PO8 (mw363.22).

 5-グアニル酸,グアノシン5-リン酸,グアノシン5-一リン酸,グアノシン一リン酸ともいう.グアニンとリボースリン酸が結合したヌクレオチドの一種.5-グアニル酸はシイタケうま味成分として工業的に生産されている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

グアニルさん【グアニル酸】
RNA の構成単位ヌクレオチドの一。グアニル酸ナトリウムはシイタケの味がするので調味料に用いられる。グアノシン一リン酸( GMP )。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グアニル酸
ぐあにるさん
プリンヌクレオチドの一つで、グアノシンに1分子のリン酸が結合したものである。グアノシン一リン酸ともいい、GMPと略称される。生体内ではリボ核酸RNA)の構成成分の一つとして非常に重要である。またうま味調味料の一つとしても利用されている。
 グアニル酸には、リン酸の結合する位置によって2'-グアニル酸、3'-グアニル酸、5'-グアニル酸の3種の異性体が存在する。RNAをアルカリで加水分解して得られるのは2'-グアニル酸と3'-グアニル酸の混合物である。5'-グアニル酸は天然に遊離の状態でも存在し、グアノシン三リン酸(GTP)やグアノシン二リン酸(GDP)などの前駆体として重要である。5'-グアニル酸は、生体内でイノシン酸からキサントシン-5'-リン酸を経由して合成される。このほかにグアニンあるいはグアノシンから生成される経路もある。[笠井献一]

食品

干しシイタケのうま味成分の本体。5'-グアニル酸ナトリウムに強いうま味があることが1960年(昭和35)にヤマサ研究所の国中明(くになかあきら)によって明らかとなった。また、1961年にグアニル酸が干しシイタケのうま味成分であることが解明された。シイタケのグアニル酸はシイタケに含まれている酵素により、核酸から変化して生じる。生シイタケの場合は、組織を擦りつぶし数時間放置すると生じる。グアニル酸はシイタケ以外にもマツタケ、エノキタケなどほかのキノコにも含まれている。1960年代に酵母より抽出した核酸から酵素処理によって、工業的に5'-グアニル酸ナトリウム(5'-GMP)がつくられ、核酸系調味料として商品化され、イノシン酸ナトリウムとともにグルタミン酸ナトリウムに混ぜられ複合調味料がつくられた。[河野友美・山口米子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

グアニル酸
グアニルサン
guanylic acid

guanosine monophosphate.C10H14N5O8P(363.22).グアノシン 5′-リン酸(5′-GMP),グアノシン 3′-リン酸(3′-GMP),グアノシン 2′-リン酸(2′-GMP)の3種類の異性体が存在する.生体内から得られるものは5′-GMPと3′-GMPであり,一般に,グアニル酸とよぶときは5′-GMPをさす.5′-GMPは結晶性がよく,純粋な化合物が得やすい.ナトリウム塩はシイタケの味がするので,調味料として使われる.5′-GMPはATPによりホスホリル化されてグアノシン二リン酸(GDP),グアノシン三リン酸(GTP)となる.GTPはリボ核酸の合成の基質となるほか,リボソームでタンパク質生合成の際に重要なはたらきをする.5′-GMPは分解点190~200 ℃.pK1 2.4,pK2 6.1,pK3 9.4.λmax 256(ε 1.24×104,pH 2),260 nm(ε 1.21×104,pH 12).3′-GMPは分解点175~180 ℃.-8°(水).いずれも水に可溶,有機溶媒に不溶.[CAS 117-68-0:3′-GMP]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グアニル酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グアニル酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation