@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グアノ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グアノ
guano
鳥類コウモリ類,アザラシ類の堆積物で上質の有機肥料となるもの。鳥類のグアノの主産地は,ウ,ペリカン,カツオドリが多くすみ,雨量の少いペルー沿岸および西南アフリカ沿岸の島嶼である。コウモリのグアノは世界各地の洞窟から出る。アザラシ類のグアノは,ペルーの北西沖合いのロボスデティエラ島やロボスデアフエラ諸島にかなり厚く堆積している。鳥類のグアノはおよそ 11~16%の窒素化合物,8~12%のリン酸塩,2~3%のカリウムを含むが,他のものはこれより肥料としての価値は劣る。語源海鳥糞を意味するペルー語 kuanu,またはスペイン語 hanmuから転訛したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グアノ(guano)
海鳥などの糞(ふん)が堆積(たいせき)し固まったもの。ペルー・チリセイシェルなどのものが有名。燐酸肥料に利用される。糞化石鳥糞石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

グアノ
燐酸の堆積物で,海鳥の糞が集積して形成されたもの.南米アタカマ(Atacama)砂漠のような乾燥気候では,これらは著しい堆積物を作り,肥料として利用されている.堆積物は堆積した時間と風化作用の程度によって粉になりやすいか,緻密なものになる[Merrill : 1897].太平洋岸や西インド諸島のような乾燥地帯で鳥の糞が溶脱作用(leaching)を受けてできた燐酸塩あるいは硝酸塩鉱床をいう[隅田 : 2002].ペルーでhuanuは糞,肥料の意味.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グアノ【guano】
熱帯の海岸や島に野生する海鳥の糞尿が堆積したもの。名称は南米ペルーのグアナイシロハラヒメウ(現地名グアナイguanay)という鳥の名に由来。ペルー沖の島でとれるものはとくに有名で,ペルーグアノとして19世紀中ごろより濃厚窒素質肥料として世界市場に盛んに輸出された。グアノには窒素質グアノとリン酸質グアノの2種類がある。窒素質グアノは降雨量の少ない乾燥地に海鳥糞が堆積したもので,ほとんど分解されずに乾燥したため窒素に富む。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

グアノ
ぐあの
guano

海中や海岸の島に生息する海鳥の排泄(はいせつ)物の堆積(たいせき)固化によって生成された物質の総称。洞窟(どうくつ)に生息するコウモリの排泄物や死体から生成されることもあり、バットグアノと称して区別されることもある。どちらもカルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、アンモニア基などの含水リン酸塩鉱物を主とした集合で、石灰質の岩石からなる地質の場合によく発達する。岩石の岩質によっては、上記成分以外にアルミニウムや鉄が加わることもある。構成鉱物の多くは弱酸に可溶で、水にも少量は溶解するため、リン酸肥料として用いられる。グアノの産地としては、ペルー、南アフリカ共和国などが有名であり、バットグアノの例としては、西オーストラリアのものが詳しく研究されている。グアノの語源は、インカのケチュア人のことばで肥料となる糞(ふん)を意味するクアヌkuanuに由来するとされる。

[加藤 昭]

肥料

(1)窒素質グアノ、(2)リン酸質グアノ、(3)バットグアノの3種類がある。

(1)は降雨量の少ない乾燥地でできたもので、古くからペルー・グアノの名で親しまれてきた有機質肥料である。これはもっとも古い販売肥料として有名で、19世紀前半には盛んに採掘、輸出された。窒素質グアノは普通肥料として規格化されており、窒素13~16%、リン酸8~11%、カリ1.6~2.5%を含み、施用にあたっては土壌と混和させる。

(2)は降雨量の多い、母岩が炭酸石灰である南洋方面の高温地帯でできたもの。窒素は大部分雨で流出し、リン酸分だけが母岩の炭酸石灰に作用して、難溶性のリン酸三石灰として沈殿堆積する。リン酸を多く含むが、品質が多様でその価値が主成分の含有量のみに依存しない特殊肥料に指定されている。

(3)はコウモリの排泄物やその死体が堆積したもので、これもリン酸を多く含み、特殊肥料に指定されている。

[小山雄生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グアノ
〘名〙 (guano 元来インカのケチュア族の言葉で「糞」の意) 群棲する海鳥の排泄物でできた堆積物。ペルー、チリの沿岸の諸島が有名な産地で、窒素、燐酸肥料に利用される。また、洞穴内に堆積したコウモリやアナツバメなどの排泄物もいう。鳥糞層。
※新聞雑誌‐七号・明治四年(1871)七月「『米利堅(アメリカ)』より出る雀糞(ジャクフン)(〈注〉ゴアノ)を平年出来むらなき田地に分界をなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グアノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グアノの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation