@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グアラニーのイエズス会伝道施設群【グアラニーのイエズスかいでんどうしせつぐん】

世界遺産詳解

グアラニーのイエズスかいでんどうしせつぐん【グアラニーのイエズス会伝道施設群】
正式名称は、「グアラニーのイエズス会伝道施設群:サン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート、サンタ・マリア・ラ・マジョール(アルゼンチン)、サン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群(ブラジル)。1983年にブラジルのサン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群が世界遺産(文化遺産)に登録され、1984年、アルゼンチンのミシオネス州内に位置するサン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・レ・ロレート、サンタ・マリア・ラ・マジョールの4施設も登録されて、「グアラニーのイエズス会伝道施設群」として併せて一つの物件となった。17世紀から18世紀にかけてイエズス会がグアラニー人のキリスト教の教化を進めるために築いた教化集落遺跡で、そのうち、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレートは、現存する最古のイエズス会伝道所として知られる。最盛期には1万人もの人々が暮らしていたが、1767年にスペイン王カルロス3世のイエズス会士追放令によって集落は放棄され、風化してしまった。サン・イグナシオ・ミニは、バロック様式と先住民文化の様式が絶妙に混じり合った独特の装飾が残り、ほかに教会や礼拝堂、食堂、学校、作業場などの跡も垣間見られる。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。◇英名はJesuit Missions of the Guaranis : San Ignacio Mini, Santa Ana, Nuestra Señora de Loreto and Santa Maria Mayor(Argentina), Ruins of Sao Miguel das Missoes(Brazil)

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グアラニーのイエズス会伝道施設群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グアラニーのイエズス会伝道施設群の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation