@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グスク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グスク
グシクとも呼ばれる。「城」の字をあてることもある。沖縄,奄美大島にある 12~16世紀頃につくられた特殊な遺跡。多くは高所に位置している。戦闘のためのものもあるが,小型のものは祭祀などにも用いられたと考えられる。奄美大島から先島にいたる琉球列島全域にみられ,琉球全体が統一に向かう過程に出現する。大規模なものは切石で囲まれ,居住地などに使われた多くの平坦面がある。遺物も豊富に出土しており,日本においてはまれな中国産の陶磁器も多量に出土している。グスクの性格については現在のところ定説はない。 (→琉球 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グスク
ぐすく
沖縄で聖所、城塞(じょうさい)をさすことば。グシクともいい、一般に「城」の字をあてる。その性格は複雑であるが、小高い丘、岩山などに立地し宗教上の聖所(風葬所を含む)としていまなお尊崇の対象となっている点では共通している。調査が不十分なため実数は不明であるが、北は奄美(あまみ)地方から南は宮古、八重山(やえやま)地方に至る琉球弧の島々に200以上分布するといわれる。沖縄本島地方の事例でみると、グスクは御嶽(うたき)(集落の聖所)と同質のもので、その付近から先史時代(とくに編年上グスク時代と称される時期)の集落跡、貝塚が発見される例が多い。また沖縄独特の石垣と拱門(きょうもん)(アーチ型の城門)をもつ城塞に対してもグスクという呼称が用いられるなどバリエーションが大きく、その性格の理解をめぐって研究者間でいまなお論争がなされている。
 城塞型グスクは軍事上の施設ではあるが、その内部に例外なしに聖所をもっており、たとえば首里城には首里杜(もり)、真玉(まだん)杜と称される二つの聖所が存在した。グスクとは本来こうした聖所をさし、その聖所を中心に一帯を石垣で囲い城塞としたが、城塞となったのちもなおグスクと称されるゆえんはこの聖所の存在にあった。城塞化しなかった大部分のグスクはそのまま聖所としてあり続けるところから、グスクの本質を聖所としてとらえる点で研究者の意見はほぼ一致している。問題は聖所と先史時代集落との関連をどうみるかにあるが、その解決は今後の研究にゆだねられている。沖縄の古代史を解明するうえで重要なばかりでなく、宗教、民俗の面でも多くの手掛りを秘めたものとして注目を集めている。[高良倉吉]
『仲松弥秀著『神と村』(1975・伝統と現代社) ▽上田正昭編『城』(1977・社会思想社) ▽高良倉吉著『琉球の時代』(1980・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グスク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グスクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation