@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グディニャ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グディニャ
Gdynia
ポーランド北部,ポモルスキェ県の港湾都市。ドイツ語ではグディンガン Gdingen。バルト海グダニスク湾に面し,グダニスク北西に位置する。 13世紀にはすでに史料に名がみられるが,20世紀初めまでは小漁村にすぎなかった。 1922年に港の建設が開始され急速に発展。巨大な冷凍倉庫,食用油製造工場,造船所,鉄道引き込み線などをもつ大港湾都市となった。第2次世界大戦中ドイツの海軍基地として利用され,大部分の港湾設備が破壊されたが,戦後の復興は著しく,グダニスクソポトとともに「3都市」 Trójmiastoとして統一された港湾行政下に置かれ,ポーランドの海軍基地ともなっている。港の大きさはシュチェチンに次いでポーランド第2位。おもに石炭,木材,砂糖を輸出,鉄鉱石,食料品を輸入。海軍学校,海洋漁業研究所,博物館,劇場などがある。人口 25万 3458 (2002) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グディニャ【Gdynia】
ポーランド北部,バルト海に面する港湾都市。人口25万1400(1995)。グダンスクの北15kmにあり,中間のソポトと3市の市街地がベルト状に連なっている。1920年までは人口1300人の小さな漁村にすぎなかったが,ポーランドがドイツ支配下のダンチヒ(現,グダンスク)に対抗するため建設した新しい都市で,海洋関係研究機関,海軍基地をもち,ポーランド有数の港湾に発展した。造船・機械・食品工業がある。【山本

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

グディニャ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グディニャの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation