@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グナイスト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グナイスト
Gneist, Rudolf von
[生]1816.8.13. ベルリン
[没]1895.7.22. ベルリン
ドイツの法律家,政治家ベルリン大学で法律を学び,F.K.サビニー歴史法学ヘーゲルの哲学,L.vonシュタインの社会学の影響を受けた。 1845年ベルリン大学教授,59~93年プロイセン下院議員,67~84年ドイツ帝国議会議員,75年最高裁判所判事。プロイセン下院では憲法鬪争期に中央党左派に属して野党のリーダーとして,帝国議会では国民自由党左派として活躍した。彼は労働階級福祉増進中央協議会,社会政策学会の共同創立者かつ初代議長,反ユダヤ主義防衛協会の創立者の一人であった。イギリスの憲法,行政制度に深く通じ,その造詣によってプロイセンの立憲制,地方自治制の改革に貢献した。また憲法調査のために 82年に渡欧した伊藤博文を通じて,明治憲法,日本公法学にも影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グナイスト(Rudolf von Gneist)
[1816~1895]ドイツの法学者・政治家。イギリス憲政史の研究家で、ドイツ立憲君主制確立に貢献。明治憲法制定の際、渡欧した伊藤博文らに憲法学行政学を講じた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

グナイスト Gneist, Heinrich Rudolf Hermann Friedrich von
1816-1895 ドイツの法学者,政治家。
1816年8月13日生まれ。ベルリン大教授,ドイツ帝国議会議員。明治15年(1882)渡欧した伊藤博文らに憲法について教授して君主制・行政権強化の理論を説き,明治政府顧問に門弟のモッセを推薦,のちの明治憲法に影響をおよぼした。1895年7月22日死去。78歳。ベルリン出身。ベルリン大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

グナイスト【Rudolf von Gneist】
1816‐95
ドイツの法学者,政治家。ベルリン生れ。ベルリン大学でサビニーの影響を受ける。イタリア,フランス,イギリスの憲政の実情を研究し,帰国後裁判官,1845年よりベルリン大学教授(ローマ法)。イギリス地方自治制の研究を通じて,議会制の基礎をなす地方名望家層の重要性を強調,また行政裁判所を基軸とする法治国論を唱えた。政治家としては国民自由党に属し,58年よりプロイセン議会,68年より帝国下院議員として,多くの立法関与

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

グナイスト【Rudolf von Gneist】
1816~1895 ドイツの法学者・政治家。ベルリン大学教授。憲法調査のため渡欧した伊藤博文らが教えを受けた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グナイスト
ぐないすと
Heinrich Rudolf Hermann Friedrich von Gneist
(1816―1895)
ドイツの法学者。8月13日ベルリンに生まれる。ベルリン大学に学んだのち、1858年より同大学ローマ法教授。その間地方裁判所裁判官(1836~1850)、下院議員(1858~1893)、帝国議会議員(1868~1884)、最高裁判所裁判官(1875~1877)を務めた。政治的には国民自由党の闘士として憲法制定問題に活躍し、彼の『現代英国憲法および行政法』全2巻(1857、1860)はとくに名声を博した。伊藤博文(ひろぶみ)らが憲法調査のため渡欧した際には、約6か月にわたって伊藤らに憲法の講義を行い、憲法政治の利害を教授した。その内容は『西哲夢物語』のなかに「グナイスト氏談話」として伝えられている。伊藤が大日本帝国憲法制定の際にとった、欽定(きんてい)主義、行政権の強化、起草の秘密主義は、グナイストの教えによるものであり、グナイストは明治政府の法律顧問となった教え子のモッセを通じて、間接的に憲法起草に大きな影響を与えた。晩年には、フリードリヒ3世の皇子に憲法の講義もしている。[佐藤篤士]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

グナイスト
生年月日:1816年8月13日
ドイツの法学者,政治家
1895年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グナイスト
(Rudolf von Gneist ルドルフ=フォン━) ドイツの法学者、政治家。イギリスの憲法、また行政法を研究し、ドイツ法体系を整備した。明治一五年(一八八二)、憲法調査で渡欧した伊藤博文らに憲法および行政学を講じ、これが明治憲法に採り入れられたことでも知られる。主著「現代イギリス憲法および行政法」。(一八一六‐九五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

グナイスト
Rudolf von Gneist
1816〜95
ドイツの公法学者
ベルリン大学教授。1882年憲法調査のため渡欧した伊藤博文に憲法理論や憲政の運用について講義し,弟子のモッセを推薦。大日本帝国憲法制定に多大な影響を与えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グナイスト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グナイストの関連情報

関連キーワード

バイロンシュポーアホフマンロッシーニカッテンダイケフォルカードボップマリア[1世]高山陣屋跡

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation