@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グノー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グノー
Gounod, Charles (-François)
[生]1818.6.17. パリ
[没]1893.10.18. パリ
フランスの作曲家。パリ音楽院で学び,ローマ大賞を得てローマ留学。宗教音楽に関心をもち,ミサレクイエムのほか,多くの合唱曲を書いた。パリに戻ってオペラの作曲を始め,『ファウスト』 (1859) や『ロメオとジュリエット』 (67) が成功。晩年は『贖罪』などのオラトリオ,『ジャンヌ・ダルクのミサ』など多くの宗教曲を作曲。彼の音楽は優美な旋律と洗練された落ち着いた情緒に満ち,その後のフランスのオペラや歌曲に大きな影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グノー(Charles François Gounod)
[1818~1893]フランスの作曲家。オペラ・歌曲・宗教音楽にすぐれた作品を残した。作品に、オペラ「ファウスト」、歌曲「アベマリア」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

グノー
フランスの作曲家。1818年、画家の父とピアニストの母のもとに生まれる。母から初期の音楽教育を受け、36年にパリ音楽院に入学。39年にはローマ大賞受賞、ローマに留学する。3年間のローマ留学とその後のウ ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

グノー【Charles François Gounod】
1818‐93
フランス・ロマン主義音楽の代表的作曲家。パリ音楽院でアレビーÉ.Halévy(1799‐1862),ル・シュウールJ.F.Le Sueur(1760‐1837)らに学び,カンタータでローマ大賞を得てローマに留学。3年間の留学中パレストリーナとJ.S.バッハに心酔し,帰国後教会の合唱長およびオルガニストに就任するかたわら,神学を学び,宗教曲を作曲し,脱世俗的生活をしばらく送った。留学時代に知り合った歌手のためにオペラ《サフォ(サッフォー)》を書いたのを機に,劇場音楽作曲家として活躍,《ファウスト》(1859)をはじめとする12曲のオペラを発表。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

グノー
ぐのー
Charles François Gounod
(1818―1893)

フランスの作曲家。パリ近郊サン・クルーに生まれ同地に没。ピアニストの母から音楽の手ほどきを受け、少年時代から楽才を発揮、1835年パリ音楽院に入学、レイハ、アレビー、ル・シュールに師事し、作曲などを学んだ。39年ローマ大賞を受賞し、翌年から3年間ローマに留学。この間にメンデルスゾーンの姉ファニー・ヘンゼルと出会い、バッハ、ベートーベンらのドイツ音楽を深く知るようになった。またシスティナ礼拝堂でパレストリーナの音楽を聴き、説教師ラコルデールと出会ったことから宗教に傾倒、一時は聖職者を目ざし、パリ帰着後も50年までは世俗を離れ、宗教音楽の作曲と演奏に専心し「師グノー」と自称した。51年、友人の歌手のためにオペラ『サッフォー』を作曲したのを機にオペラに進出したものの成功せず、一方、バイオリン、ピアノ、オルガンのための『バッハの前奏曲第一番による瞑想(めいそう)曲』(1853。この旋律はのちに歌曲『アベ・マリア』としても有名になる)、『聖チェチーリア荘厳ミサ曲』(1855)が成功、彼の名を一躍高めた。

 その後モリエールの台本を用いたオペラ・コミック『いやいやながら医者にされ』(1858)、オペラ『ファウスト』(1859)が成功、とくに後者は1869年にバレエ付きのグランド・オペラに改作した版によりいっそうの成功をかちえ、彼の代表作と目されるようになった。なおこのオペラは、一部分ではあるが、外国人素人(しろうと)音楽家による日本最初のオペラ上演(明治27年=1894)の曲目であった。短期間ワーグナーの音楽に心酔。その後、ミストラルの原作による『ミレイユ』(1864)、シェークスピアによる『ロメオとジュリエット』(1867)を除いてはオペラでは成功を得られなかった。1866年アカデミー会員に選ばれるが、70年、プロイセン・フランス戦争を避けロンドンに移り活動、晩年はフランスに戻ってふたたび宗教音楽の作曲に向かい、オラトリオ『贖罪(しょくざい)』(1882)などで成功を収めた。

 グノーは、従来主流であったグランド・オペラに対し、外面的効果よりも、魅力的な旋律、ドラマの進展にふさわしい音楽的、視覚的な効果を伴ったオペラ・リリックという領域を開拓、この、グランド・オペラとオペラ・コミックの中間に位置するジャンルの発展のために尽くした。また200曲ほどの歌曲では、サロン風の甘美ないし感傷的なロマンスを踏襲せず、詩の美しさやリズムを生かし、軽妙な表現、優美な旋律をもつものをつくった。そのため彼は、フランス近代歌曲の創始者に位置づけられている。これらの特質は彼の宗教音楽にも共通している。また彼は、ベルリオーズの才能を評価、年下のビゼーやサン・サーンスの楽才を世に知らせるために力を尽くした。

[美山良夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グノー
(Charles François Gounod シャルル=フランソワ━) フランスの作曲家。オペラ、宗教音楽に傑作を残し、近代フランス音楽の先駆者となる。代表作は、オペラ「ファウスト」、歌曲「アベ‐マリア」など。(一八一八‐九三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

グノー
Charles Gounod
1818〜93
フランスのロマン派作曲家
宗教音楽に業績を残し,後年は歌劇作家としても活躍した。代表作「ファウスト」「サフォー」。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グノー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グノーの関連情報

関連キーワード

国際労働条約牛車霊帝[後漢]エレウテリウス献帝国際労働機関司法警察諸子百家支婁迦讖捜査

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation