@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グプタ朝【グプタちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グプタ朝
グプタちょう
Gupta
4~6世紀,北インドを支配した王朝 (320~550頃) 。クシャン朝衰退後,現ビハール南部 (マガダ) からり,320年,チャンドラグプタ1世がガンジス中流域の覇権を握って王国を建てた。その子サムドラグプタ,孫チャンドラグプタ2世の2代の間,北インドのほぼ全域を支配し,さらにバーカータカ朝と婚姻関係を結んで,デカンにも勢力を及ぼした。こうして王朝は強大な国家となり,中央,地方の支配体制を整備して,繁栄を誇った。そのありさまは中国僧の法顕の『仏国記』に記されている。しかし,5世紀後半,北西方からエフタル族が侵入し,そのため西部領域が動揺すると,それに乗じて諸勢力が王朝から離れて独立したため,王朝は東部領域を支配するだけになり,550年頃滅びた。この時代は古典時代といわれ,インド古典文化の爛熟した花が咲き誇ったときである。王朝はバラモンを保護し,サンスクリットを公用語とし,ビシュヌやシバを信奉したので,ヒンドゥー教が盛んになり,多くの寺院が建てられた。サンスクリット文学は詩聖と呼ばれたカーリダーサなどによって多くの傑作が作られ,宗教,思想の面でもすぐれた著作が現れた。また仏教では,ナーランダーなどに大寺院がつくられ,大乗教学が無着世親によって完成した。マトゥラなどの端麗な仏像とアジャンタ壁画もこの時代の作品である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グプタ‐ちょう〔‐テウ〕【グプタ朝】
Gupta》ガンジス川中流域のマガダ地方から興り、北インドを支配した王朝。320年、チャンドラグプタ1世パータリプトラを都として建国。4世紀末ごろから最盛期を迎え、文学・哲学・宗教・美術が栄え、インド古典文化の黄金時代となった。5世紀末以降エフタルの侵入に苦しみ、6世紀の中ごろ滅亡した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グプタちょう【グプタ朝 Gupta】
古代インドの統一王朝。320‐550年ころ。クシャーナ朝滅亡後の北インドの分裂状態のなかで,マガダ地方の小地域の支配者から興起した。
【歴史】
 初代チャンドラグプタ1世は,マウリヤ朝の創始者と同じ名をもち,同じくパータリプトラ(現,パトナ)に都し,バイシャーリーVaiśālīの名族リッチャビ族の娘と結婚して,その威信を高めて,ビハールとウッタル・プラデーシュの諸国を征略して,ガンガー(ガンジス川)中流域の覇権を握った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

グプタちょう【グプタ朝】
四世紀初めマガダ地方に興り、北インドを支配した王朝。320年にチャンドラグプタ一世が即位、400年前後に最盛期を迎え、宗教・美術(アジャンターの石窟寺院の壁画など)・文学などにインド古典文化の黄金時代を現出した。五世紀後半からエフタルの侵入で衰え、六世紀半ば頃滅びた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グプタ朝
ぐぷたちょう
Gupta
古代インドの王朝(320年~6世紀なかば)。グプタ王家は初めガンジス川中流域マガダ地方の小勢力であったが、チャンドラグプタ1世(在位320~335ころ)の代に名門リッチャビ一族のクマーラデービーを妃(きさき)に迎えることによって地位を高め、領土を広げて「大王のなかの王」「最高の君主」と称した。320年に始まるグプタ暦は、この王の即位を記念して定められたものである。その子で王位を継いだサムドラグプタ(在位335ころ~375ころ)は大征服者として知られる。王の功業はアラハバードの石柱に刻まれた頌徳(しょうとく)詩(将軍ハリシェーナ作)に伝えられているが、誇張的表現に富んだその詩文によると、この王は南インドを含む各地に遠征して諸国を屈伏させたため、遠くスリランカやアフガニスタンに至る諸国の王までが、臣従を誓い貢ぎ物を送ってきたという。王はまた、自己の権力を誇示するために、古来「帝王」のみがなしうるとされてきたバラモン教の祭式アシュバメーダ(馬祠祭(ばしさい))を挙行している。ただしサムドラグプタが直接支配したのはガンジス川流域のみであり、他の地方は帰順した旧来の諸王の支配にゆだねられている。グプタ朝の帝国支配はこのように地方分権的性格をもつものであり、中央集権的支配を採用したマウリヤ朝とは異なっていた。
 第3代のチャンドラグプタ2世(在位375ころ~414ころ)も、父王の偉業を継いで、西インドに残存していたサカ人の勢力を討ち、その地をグプタ領に併合している。ビクラマーディティヤ(超日王)とよばれるこの王の時代に、グプタ朝は最盛期を迎えた。中国僧の法顕(ほっけん)の旅行記『仏国記』に、当時のインドの平和と繁栄のようすが伝えられている。第4代のクマーラグプタ1世(在位414ころ~455ころ)と第5代のスカンダグプタ(在位455ころ~470ころ)の時代にもグプタ朝の勢力は維持されたが、5世紀末に始まる中央アジア系フーナ人(エフタル)の侵入によって大打撃を受け、6世紀に入ると地方政権が各地で独立したことも重なって急速に衰退した。グプタ朝は6世紀なかばごろ滅んだが、末期の模様についてはほとんどわからない。なお、マガダ地方にはその後も8世紀初めごろまで、グプタ朝の後裔(こうえい)と称する小政権(後期グプタ朝)が存在していた。[山崎元一]

社会・経済

法顕は、グプタ朝のもとで経済的な繁栄がみられたこと、領内の交通が自由かつ安全であったことを記している。また4世紀ごろの文学作品『ムリッチャカティカー(土の小車)』や『カーマスートラ』、あるいは5世紀初めに出たカーリダーサの作品などには、華やかな都市生活が描かれている。当時における活発な経済活動は、金貨にもっともよく示されている。グプタ朝初期の諸王は大量の金貨を発行した。それらはクシャン朝後期の金貨の基準に従ったものであるが、純度は高く意匠も洗練されている。しかしグプタ朝も後期に入ると、都市の商工業はしだいに衰え、経済活動は村落社会を中心とする地方的で小規模なものへと変化してゆく。こうした経済的変化や政治的衰退に伴い、金貨の純度は低下し発行量は減り、意匠も劣悪なものになった。[山崎元一]

文化

グプタ朝時代はインド古典文化の黄金時代として知られる。大征服者サムドラグプタはビーナ(琵琶(びわ))の名手かつ詩人であったが、他の諸王も文芸を愛好しこれを保護した。サンスクリット文学の分野では、詩聖と称される宮廷詩人カーリダーサが出て、戯曲『シャクンタラー』や叙情詩『メーガドゥータ(雲の使者)』を書いた。美術の面では、優雅なグプタ式仏像に代表される純インド的な作品が生まれた。デカンではこの時代にアジャンタ石窟(せっくつ)寺院の壁画の代表作が描かれている。またグプタ時代の前後には、天文学、物理学、数学、医学などの諸科学も発達した。[山崎元一]

宗教

仏教はかつての勢いを失っていたが、各地の僧院を中心に学問的研究が続けられ、多くの学僧が出た。後世に仏教教学の大中心となったナーランダー寺院は、5世紀前半にクマーラグプタ王の援助を得て創建されたものである。バラモン教はマウリヤ朝以後しだいに退勢を挽回(ばんかい)しつつあったが、グプタ朝時代に王室の保護を受けて栄えた。六派哲学とよばれるバラモン教諸学派の哲学体系も、この時代にいちおうの成立をみている。アーリア的なバラモン教に非アーリア的な民間信仰が融合して生まれたヒンドゥー教も、王家や民衆の間に浸透しつつあった。ヒンドゥー教の寺院が建造されるようになるのも、この時代からである。[山崎元一]
『山崎利男著「クシャーン朝とグプタ帝国」(『岩波講座 世界歴史3 古代3』所収・1970・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グプタ‐ちょう ‥テウ【グプタ朝】
古代インドの王朝。ふつうは四世紀の初めから五世紀末まで栄えた前期グプタ朝をさすが、ひろくは六世紀の初めから八世紀前半まで栄えた後期グプタ朝を含める。三二〇年、チャンドラ=グプタ一世は即位と同時にグプタ暦を制定。その後二代の間に北インドの大領域を支配し、インド古典文化の黄金時代を作り出した。カーリダーサの劇と詩、グプタ様式の彫像、アジャンタの石窟寺院の大壁画などは特に有名。グプタ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

グプタ朝
グプタちょう
Gupta
320ごろ〜550
古代インドの王朝
ガンジス川中流のマガダ地方におこり,4世紀初めのチャンドラグプタ1世以後強大となり,北インドを統一,4〜5世紀のチャンドラグプタ2世の時代に最盛期となって繁栄した。都はパータリプトラ(現パトナ)。ヒンドゥー教が発展したほか,サンスクリット文学や仏教美術などが栄え,古代インドの黄金時代を現出した。5世紀末以後,北西地方のエフタルの侵入を受け,6世紀半ばには分裂して衰えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グプタ朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グプタ朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation