@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グメリン

デジタル大辞泉

グメリン(Leopold Gmelin)
[1788~1853]ドイツの化学者。赤血塩フェリシアン化カリウム)を発見。世界的な叢書「無機化学ハンドブック」初版の編著者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

グメリン
グメリン
Gmelin, Leopold

ドイツの化学者.多くの科学者を輩出した家系の一人.1812年ゲッチンゲン大学で医学の学位を取得.1814年ハイデルベルク大学員外教授,1817年正教授となり,1851年までその職にあった.その間,化学を独立の学科として確立することに努めた.実験研究では,1820年から医学教授のF. Thiedemann(1781~1861年)とともに行った消化の研究が重要である.胃液や胆汁,膵液,血液などからタウリンコール酸ヘマチンなどを精製,発見した.また,赤血塩(グメリン塩)をはじめて調製した.1817~1819年に初版を刊行した化学教科書Handbuch der Chemieは増補を重ねて,やがて“グメリンハンドブック”として知られる無機化学全書となった.1922年からはドイツ化学会がこの事業を引き継ぎ,1924年から第8版の刊行が開始され,現在は冊子体の刊行は中止され,オンラインデータベースで事業が継続されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グメリン
ぐめりん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グメリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グメリンの関連情報

関連キーワード

ラングハンス北欧美術徳川家慶アメリカ合衆国サリエリフェデラリスツモーツァルトラ=ペルーズホール朋誠堂喜三二

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation