@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グユク

世界大百科事典 第2版

グユク【Güyük】
1206‐48
モンゴル帝国の第3代皇帝。在位1246‐48年。廟号は定宗。オゴタイ・ハーンの長子。彼の即位には帝室の長老バトゥの反対があり,帝国の統一に乱れが生じた。即位後,空位時代の政治の混乱を是正し,帝権の回復に努め,南宋を攻め,西アジア攻撃の先鋒軍を派遣した。そしてみずからは西征軍の本隊を率いるつもりであったが,まもなく病死した。なおその治世にはネストリウス派が帝室内に相当勢力をもっていた。【吉田 順一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

グユク
(Güyük) モンゴル帝国第三代皇帝(在位一二四六‐四八)。廟号は定宗。オゴタイの長子。ロシア遠征に参加し、キエフ公国平定に功をあげる。一二四六年即位し、帝王権の強化につとめたが、病弱のため間もなく没した。貴由。古余克。(一二〇六‐四八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グユク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グユクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation