@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グユムリ【ぐゆむり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

グユムリ
ぐゆむり
Гюмри/Gyumri

アルメニア共和国西部に位置する同国第二の都市。人口21万1700(1999)。1840年までクマイリКумайри/Kumayri、1840~1924年にはアレクサンドロポリАлександрополь/Aleksandropol'、1924~90年にはレニナカンЛенинакан/Leninakan、1990~92年にはクマイリの名に復したが、その後、アルメニア語名のグユムリの名でよばれることになった。アルメニア山地の凝灰岩質台地上にあり、南にアラガツ山(4090メートル)を望む。軽工業、機械、食品加工などの工場がある。紀元前5世紀に建設された要塞(ようさい)と集落が市の起源とされる。1988年12月に大地震に襲われ、壊滅的な打撃を受けた。

[上野俊彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グユムリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グユムリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation