@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グラッシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グラッシ
Grassi, Ernest
[生]1902.5.2. ミラノ
[没]1991.12.22. ミュンヘン
イタリア生れのドイツの哲学者。 1948年以来ミュンヘン大学教授。人間と現実とをヒューマニズム観点から新しくとらえ直し,そこから哲学を基礎づけようとしている。主著ロゴス優位』 Vom Vorrang des Logos (1938) ,『現実像の統一』 Die Einheit unseres Wirklichkeitsbildes (51) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グラッシ(〈フランス〉glacis)
油絵で、透明な油絵の具を溶いて薄めたものを、すでに乾いた絵の具層の上に薄く塗ること。また、その薄い膜。光沢深みを与えるための伝統的な技法。おつゆ。グラシ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グラッシ【Paolo Grassi】
1919‐81
イタリアの演出家,演劇評論家。第2次大戦後のイタリア演劇の最も重要な改革者,推進者の一人。18歳で演劇活動に入り,演出,劇評,ジャーナリズムで活躍。1947年G.ストレーレルとともにピッコロ・テアトロ(ミラノ・ピッコロ座)を創立,以後同座を25年指導し世界的水準の劇団とする。1972‐77年スカラ座の総監督となり,同座の民主的改革に努力。77年イタリア放送協会会長となる。【溝口 廸夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぐらっし【グラッシ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

グラッシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グラッシの関連情報

関連キーワード

誘導尋問公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪逮捕反対尋問

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation