@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グラティアヌス

世界大百科事典 第2版

グラティアヌス【Flavius Gratianus】
359‐383
ローマ皇帝。在位367‐383年。ウァレンティニアヌス1世の息子で,367年アウグストゥス位に就き,375年の父帝の死後ローマ帝国西方の統治を引き継ぐ。当初は師アウソニウス進言元老院との関係改善にを用い,異教・異端にも寛容策を採ったが,自身は熱心な正統派キリスト教徒で,やがてミラノ司教アンブロシウスの影響下で不寛容策に転じ,歴代ローマ皇帝が帯びたポンティフェクスマクシムス(大神官)の称号を棄て(379),またウィクトリア女神の祭壇を元老院議場から撤去させた(382)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

グラティアヌス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グラティアヌスの関連情報

関連キーワード

グラチアヌス監査役釈迦テオドシウス(1世)南泥湾フィリッポス[2世]フィリッポス2世アルタクセルクセス2世アルカディウスターク・イ・ブスターン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation