@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グラニュライト相【グラニュライトそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グラニュライト相
グラニュライトそう
granulite facies
ある変成岩の生成された温度や圧力が比較的一定である鉱物群を表わす鉱物相の一つ。広域変成作用で通常起こる条件下では,最も高い温度,圧力でつくられる岩石を表わす。これは P.エスコラによって提唱 (1929) された鉱物相で,角閃岩相よりも高温で,輝石ホルンフェルス相よりも高圧の鉱物相を表わすが,温度は 500~650℃,圧力数千気圧の変成条件に対応する鉱物相である。グラニュライト相の岩石にみられる鉱物は,ホルンブレンド,輝石,黒雲母柘榴石斜長石石英あるいは橄欖石などである。この鉱物相に特徴的なことは,角閃石や雲母のような水を含む鉱物が少く,パイロープ成分に富む柘榴石が出現することである。この相の岩石は造山帯の中心部に広い面積を占めて出現する場合が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

グラニュライト相

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラニュライト相」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グラニュライト相の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation