@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グラバー商会【ぐらばーしょうかい】

世界大百科事典 第2版

ぐらばーしょうかい【グラバー商会】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

グラバー商会
ぐらばーしょうかい
幕末・明治初期、長崎を拠点に活動した在日イギリス人商社。設立者グラバーThomas Blake Glover(1838―1911)は1859年(安政6)に来日、ジャーディン・マセソン商会の長崎代理店に勤務、61年(文久1)5月に自立してグラバー商会を設立、ジャーディン・マセソン商会の代理店業務と並行して、自己勘定による貿易取引を開始した。62年2月アーノルド商会を吸収、同社の支配人グルームを共同経営者に迎え、2、3のパートナーを加えて商会の組織を拡充。取引内容は、発足当初は日本茶の加工輸出であったが、64年以降は艦船・武器輸入の取引を中心に業務内容を拡大し、不動産や通貨・地金の取引、金融代理的業務に及び、上海(シャンハイ)・横浜に支店を置いた。とくに幕府や西南雄藩の艦船・武器購入をめぐる取引には主要な地位を占め、また薩摩(さつま)藩の貿易計画や同藩士のイギリス留学の資金調達には重要な役割を果たした。70年(明治3)8月、破産により解散。[加藤榮一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラバー商会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グラバー商会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation