@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グラム陰性桿(かん)菌

朝日新聞掲載「キーワード」

グラム陰性桿(かん)菌
自然環境に存在する常在菌グラム染色という方法で、ピンク色に染まるのを陰性、青く染まるのを陽性菌といい、細長い形を「桿菌」という。緑膿(りょくのう)菌やセラチア菌などは、このタイプに入る。強力な毒素を発生するため、血液に入ると、健康な人でも高熱にかかわる低血圧を起こす。その結果、腎臓肝臓の機能が弱り、多臓器不全を起こして亡くなることもある。
(2008-06-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

グラム陰性桿(かん)菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グラム陰性桿(かん)菌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation