@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グランチャコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グランチャコ
Gran Chaco
南アメリカ中部内陸にある広大な平原地帯。単にチャコとも呼ばれる。アルゼンチン北部から北へ,パラグアイボリビアにかけて広がり,西はアンデス山脈,東はパラグアイ=パラナ川によってかぎられる。南北の境界ははっきりしないが,一般に北はチキトス草原とイソソグ湿原まで,南はサラド川までとされる。面積約 70万km2。草原と低木林に覆われた低平な沖積平野で,中央部を南東流するピルコマヨ川までを北チャコ,ピルコマヨ川とその南を並行して流れるベルメホ川に挟まれた地域を中央チャコ,ベルメホ川以南を南チャコと呼ぶ。大部分は亜熱帯気候に属し,月平均気温 18~24℃。年降水量は西から東に向かって多くなり,約 500~1300mm。このうち半分近くが集中して降る夏の雨季には洪水によって広範囲にわたる地域が冠水するが,蒸発が著しいため,パラグアイ川沿岸の森林地帯と通年湿地帯を除くと全体に乾燥地帯となっており,耐乾性の植生が多い。チャコはケチュア語で「狩場」を意味するように,ジャガー,ピューマ,バク,キツネ,シカ,グアナコなど野生動物が多く,先住民のインディオは狩猟,採集を中心とした生活を送っている。初期の入植者によって牧牛が導入され,20世紀に入ってチャコ横断鉄道や道路の敷設,綿作の推進,カナダからのメノー派教徒の入植地の建設,水力資源の開発など,各国政府によってこの地域の開発が進められた。しかし,市場から遠く離れ,洪水と干魃を繰り返す気候条件に妨げられて交通網の発達も遅れ,さらに土壌が塩分を含み,地下水に恵まれないなどの要因も重なって,開発は容易ではなく,今日も人口希薄地帯である。主産業は牧羊のほか,綿作と林業で,特にケブラチョと呼ばれる硬質の低木はタンニンの原木として,また用材として重要であり,東部には大規模なタンニン抽出工場が建設されている。1920年代に北西部のアンデス山麓で発見された石油は,ボリビアとパラグアイの間にチャコ戦争を引き起こしたが,その後の開発はふるわず,今後の新油田の発見に期待がかかる。主要都市はパラグアイ=パラナ川に近いレシステンシアフォルモサ,および南西端部のサンチアゴデルエステロ

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グラン‐チャコ(Gran Chaco)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グランチャコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グランチャコの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation