@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グランドキャニオン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グランドキャニオン
Grand Canyon
アメリカ合衆国コロラド高原にある峡谷。幅 0.2~29km。谷の深さは最高 1800m。アリゾナ州ユタ州にあるマーブル峡谷からネバダ州境のグランドウォッシュ崖までの約 450kmをさす。この中で最も雄大な景観を呈する区間 90km,面積 4931km2が 1919年国立公園に指定された。コロラド川下方浸食両岸の隆起作用とが相まって深い谷が形成されたもので,谷壁断面の地層はほぼ水平である。各地質年代の石灰岩や頁岩,砂岩などが互層をなし,その下は花崗岩や片岩からなる。高原上には黒色溶岩や新しい火山錐がみられる。地層中からは,藻類,植物,恐竜などを含め種々の化石が発見される。アメリカで最も人気のある観光地の一つで,年間 200万人以上が訪れる。1979年世界遺産自然遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グランド‐キャニオン(Grand Canyon)
米国アリゾナ州北部の大峡谷コロラド川がコロラド高原を浸食してできたもので、長さ350キロ、深さ1600メートル。国立公園。1979年、世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グランド‐キャニオン
(Grand Canyon) アメリカ合衆国西部、コロラド川がコロラド高原を浸食して形成された大峡谷。延長約四五〇キロメートル。幅六~三〇キロメートル。最深約一六〇〇メートル。谷壁には始生代以来の七億年に達する無数の地層が重なり、各地層の色彩も多種類にわたる。雄大な峡谷美をほこる国立公園。大峡谷。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グランドキャニオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グランドキャニオンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation