@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グランド・ジョラス山【ぐらんどじょらすさん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

グランド・ジョラス山
ぐらんどじょらすさん
Grandes Jorasses
フランス・イタリア国境、アルプス東部のモンブラン山群の高峰。標高4208メートル。登山史上著名な岩峰で、頂稜(ちょうりょう)は東西約1キロメートルにわたり、最高峰の東峰ウォーカー・ピーク、西峰のウィンパー・ピークなど6峰よりなり、エギュイーユ・デュ・ミディ山の展望台からその雄姿が望まれる。北壁は高度差1200メートルもあり、マッターホルン山、アイガー山とともにアルプス三大北壁として、その登攀(とうはん)の困難さで知られている。西峰は1865年イギリス人E・ウィンパーにより、東峰は1868年イギリス人W・H・ウォーカーによって初登頂された。北壁は1935年中央側稜よりドイツ人ピータースとマイヤーが、冬期は1963年イタリア人W・ボナッティによって初登攀されている。[徳久球雄]
『小西政継著『グランドジョラス北壁』(中公文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グランド・ジョラス山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グランド・ジョラス山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation