@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グランド・バンクス【グランドバンクス】

日本大百科全書(ニッポニカ)

グランド・バンクス
ぐらんどばんくす
Grand Banks

大西洋のニューファンドランド島沖の大陸棚にある幅560キロメートルの広大な堆(たい)bank。グランド・バンク、サンピエール・バンク、グリーン・バンクからなるので、複数形でよばれる。平均深度は55メートル。ラブラドル海流(寒流)と北大西洋海流(暖流)のぶつかり合う所で、タラ、ヒラメ、カレイ、ニシンなどの好漁場となっており、世界三大漁場の一つである。海霧の多い所としても知られる。

 1929年のグランド・バンクス地震では、この海域の大陸斜面、海底扇状地、深海平原に敷設されていた海底電線が上から順に次々と切断されたことから、地震に伴う泥濁流の存在が確認された。その速さは毎秒25メートルにも及び、泥濁流に対する関心を高めた。

[半澤正男・高野健三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グランド・バンクス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グランド・バンクスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation