@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グランピアン山脈【グランピアンさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グランピアン山脈
グランピアンさんみゃく
Grampian Mountains
イギリス,スコットランド中央部を北東-南西に延びる山脈。全長約 160km。南西端部にイギリスの最高峰ベンネビス山 (1343m) がある。広義には,北は現在カレドニア運河が通るグレンモアと呼ばれる大断層谷,南は北海沿岸のストーンヘーブンとクライド川沿岸のダンバートンを結んだ線にはさまれた地域全体をさし,グランピアン高地 Grampian Highlandsとも呼ばれる。古生代にカレドニア造山運動によって形成された褶曲山脈で,花崗岩,片麻岩などから成り,スコットランドで最もけわしい地形を示すが,大部分は標高 1000m以下である。氷食により形成された湖や谷が多数あり,これらは大西洋にのぞむ西端でフィヨルドを形成,海岸線は複雑に入組む。南東斜面では牧羊が盛ん。地名はローマの歴史家タキツスがローマの将軍アグリコラの戦勝の地として記したグラウピウス山に由来。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グランピアン山脈
ぐらんぴあんさんみゃく
The Grampians
イギリス、スコットランド北部の山脈。氷食を受け、イギリスでもっとも険しい山脈で、北東―南西方向に峰々が160キロメートル以上にわたって続いている。先カンブリア紀の片麻岩(へんまがん)や花崗岩(かこうがん)類よりなり、イギリス最高峰のベン・ネビス山(1343メートル)、ベン・マクズイ山(1311メートル)など1000メートルを超す高峰が連なっている。[小池一之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グランピアン山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グランピアン山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation