@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グリエール

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

グリエール
ロシアの作曲家。モスクワ音楽院でタネーエフ、アレンスキーらに作曲を師事。1920年から41年まで同音楽院作曲科教授。38年から48年にはソヴィエト連邦作曲家同盟の組織委員会の議長を務める。
ロシア・ロ ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

日本大百科全書(ニッポニカ)

グリエール
ぐりえーる
Рейнгольд Морицевич Глиэр/Reyngol'd Moritsevich Glier
(1875―1956)

ソ連の作曲家。ウクライナのキエフに生まれ、モスクワ音楽院でタネーエフ、イッポリトフ・イワーノフ、アレンスキーに師事。その後キエフ音楽院、モスクワ音楽院で教鞭(きょうべん)をとり、プロコフィエフ、ミャスコフスキー、ハチャトゥリアンなどの優れた弟子を育て、モスクワに没した。彼はロシア国民楽派の伝統から出発したが、革命後はソビエト音楽の発展に一生を捧(ささ)げた。作品はあらゆるジャンルに及んでいるが、とくにバレエ『赤いけし』(1927)は最初のソビエト・バレエの一つとして高く評価されている。

[寺田兼文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリエール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グリエールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation